音域DataBase 1,000件登録を記念して,音域のデータ分析をしてみたいと思います。今回は典型的な音域・最高音・最低音は何かを調べてみます。

< 曲数が多い音域ベスト5 【男声編】 > (男声曲578件)

順位音域音域幅件数代表曲例(リンク:音域DataBase)
1位ミ………ソ 1:1523件 硝子の少年
2位レ…………ソ 1:2522件 とんぼ
3位ミ…………ラ 1:2518件 ff(フォルティシモ)
4位ミ………ファ# 1:1017件 世界に一つだけの花
5位レ………ミ 1:1014件 サボテンの花

ド……………ソ 1:3514件 勝手にしやがれ

 代表曲のリンクをクリックすると,各音域の男声曲の一覧を見ることができます。

 ★はピアノの中央付近のド(middle C)を示します。ミ…★…ソ とは,最低音 ミ から★をまたがって ソ を最高音とする音域を意味します。

 1位と2位の音域は,男性にとってとても歌いやすい音域です。リンクをたどって曲の一覧を見ていただくと,これならたしかに歌いやすいと思う曲が並んでいると思います。商業曲だからといって音域が高かったり広かったりするわけではなく,アーティストにとっても歌いやすい音域の曲が多いということがわかります。

最高音が多い音ベスト3 【男声編】 > (男声曲578件)

順位最高音件数代表曲例(リンク:音域DataBase)
1位97件 硝子の少年
2位76件 いとしのエリー
3位ファ#64件 世界に一つだけの花

 ソ や ラ という音は少し高めではあるのですが,たいていの男性が頑張れば出せる音なので,一番盛り上がるところでこの音程になる,ということなのでしょう。

最低音が多い音ベスト3 【男声編】 > (男声曲578件)

順位最低音件数代表曲例(リンク:音域DataBase)
1位103件 世界に一つだけの花
2位83件 サボテンの花
3位55件 言葉にできない

 ミ や レ は男性ならごく自然に出せる音なので,このあたりが最低音になるのは自然の成り行きだと思います。

 ついつい,音が高い曲や音域が広い曲に注目しがちですが,このように典型的な音域や音程という見方で見るのも面白いと思います。女声編は次の機会にご紹介します。