前回のブログで,カラオケでハモラーがハモリ中毒を起こすとトラブルにつながるということを書きました。ですが,ハモラーは歌好きで音楽的スキルもあると思われるのに,なぜそのような問題を起こすのか不思議に思う方もいるかもしれません。また,ハモリ中毒にかかったとしても,ハモラー自身が気付いて直したり,仲間どうしで注意やアドバイスをし合ったりできれば,大きなトラブルにはならないはずです。なのに,なぜ困った事態が発生してしまうのでしょうか? 今回は,ハモラーやハモられる人の,考え方や心理的な面に焦点を当てて考えてみたいと思います。

 まずハモラー側の心理を考えてみます。ハモラーの典型的な心理としてあるのは「ハモリを入れれば相手は必ず喜ぶ」という思い込みです。確かに,ハモリを入れると盛り上がったり喜ばれたりする機会が多いのは事実です。でも,それに味をしめてしまい,ハモリ中毒の症状が出始めると,周囲の反応が冷たくなってきます。しかし,ハモラー本人はそれに気づきません。なぜなら,ハモりたい,ハモって感謝されたい,という私利私欲自己顕示欲が,「ハモリを入れれば相手は必ず喜ぶ」という思い込みによって正当化されてしまい,相手の反応に気を配れなくなるからです。

 私もそうでした。カラオケのオフ会には上手い人,楽しい人,個性的な人がたくさん集まってきますが,ハモれる人は案外少ないので,ハモリを入れるととても感謝されますし,場が盛り上がるのです。それで,その気持ち良さに浸りたくてハモリを入れまくるようになりますが,オフ会で何度か歌を聞けばだんだん参加者も慣れてきますから,前と同じでは前ほど盛り上がらなくなるわけです。それで,もっとすごいハモリをしようと妙に前のめりになり,空回りが増えていきました。もっと強い刺激を求めてどんどん深みにハマり中毒化する…なんだか常習性の高い危険物質みたいですが,本質は同じなのかもしれません。

 なぜこんな思い込みをしてしまうのでしょうか? 歌が上手い人でもハモれない人はたくさんいるので,ハモリができるのは特殊なスキルだと思います。その特殊性ゆえに,ハモリを過剰に美化したり,ハモラーとしての妙な自負心が生まれたりして,これらがハモリを良いものだと思い込む要因になっていると思います。ハモリ中毒を予防/解毒するには,この思い込みを捨てる必要があります。つまり「ハモリもTPOをわきまえる必要がある」という,文章にしたら当たり前とも思えることが,ハモラーとしてとても大切な心得だと思います。

 逆に,ハモられる側の心理を考えてみますと,ハモラーに対して意見を言いづらい状況が生じているのではないでしょうか。「ハモってくれてありがたい」「頑張ってハモってくれている」「音楽的スキルを持っているハモラーに意見するのは気が引ける」といった気持ちから,ハモラーに意見を言うべきではない,言っては失礼だ,言わなくてもわかってくれるはず,みたいな心理が働くのかもしれません。しかし,これを我慢していると,どんどん悪い感情が蓄積されていき,やがてハモリやハモラーに嫌気がさしてしまうということにつながっていきます。

 これが,気心が知れた仲間内や本格的な音楽活動者の間であれば,意見交換が当然のように行われるので,このようなトラブルは起こらないと思います。ハモリが招くトラブルは,ネットで参加者を募るオフ会のような,参加者同士の関係性が多種多様な状況で起こりやすいと言えるでしょう。ネットのオフ会だと,初めて出会う人,顔を合わせる割に性格をよく知らない人,ネット上の交流で相性が合わない人,などがいて,必ずしも十分なコミュニケーションが取れない状況が生じやすいわけです。そういう間柄の人とハモったときに,上手な意見交換ができず不満が溜まって,ネット上で対立が生まれたり,妙なこじれ方をしたりする,ということが起きてしまうのです。

 結局,ハモリのトラブルは,ハモリ特有の技術的な観点を除けば,コミュニケーションの問題が大きいのではないか,と感じています。他人に気を配らず自己中心的な行動をする人は問題児として扱われる…チームやグループのあらゆる活動について言えることが,ハモリに関しても起こるということです。これを踏まえると,ハモラーとして心掛けることは,

  • ハモリは良いものである,必ず喜ばれる,といった過剰な美化や思い込みをしない
  • ハモリのスキルを過信しない
  • 歌い手,選曲,場の雰囲気などのTPOに応じて,ハモるかどうかの判断や,どんなハモリを入れるかを考える。
  • ハモリを断られたらすぐに止めて,ガッカリ感を出さない。そういう態度や表情が出ると,ハモリを断った側が負担に感じてしまう。
  • ハモリに関する意見や要望を歌い手や聞き手が率直に言える雰囲気を作り,意見や要望が出たら謙虚に聞き入れる
  • 歌い手や聞き手の反応をよくチェックする。歌い手はハモラーへの感謝の気持ちが強く,不満な点があってもそれをはっきり伝えてくれる可能性は低いので,社交辞令に惑わされず,ちょっとした口調や表情から相手の満足度を推し量る。

などがあると思います。一方,歌い手聞き手には,

  • ハモリを必要以上に賛辞しない。問題ハモラーが勘違いして増長してしまう。
  • ハモってほしくないときや,ハモってもらったがそのハモリが不要と感じたときは,躊躇せずハモリを断る
  • ハモリの音量や声質に問題を感じたら,歌っている最中でも直してほしいことをハモラーに伝える
  • ハモリに関する意見や要望は,遠慮せずハモラーに伝える

といった行動をとってほしいと思います。要するに,ハモラーは自己中心的にならずに歌い手や聞き手の立場に立った振る舞いをする歌い手や聞き手はハモラーに遠慮なく思ったことを伝える。このような形でコミュニケーションができれば,ハモリのトラブルは防げると思います。

 逆に,こういったことに気をつけさえすれば,ハモリはカラオケにおける良いコミュニケーションになり,カラオケの楽しさが増幅されますし,カラオケ仲間の人間関係も良くなります。ハモリ中毒に陥らないように注意しながら,カラオケでのハモリを楽しみたいですね。