フィギュアスケート男子シングルの勝敗は,ジャンプの難易度とその成否が大きなウェイトを占めます。フィギュアスケートはジャンプだけで成り立つものではありませんが,現在の採点はジャンプが大きな比重を占めており,その事実から目を背けることはできません。そこで,各選手がどのジャンプを飛ぶのかをあらかじめ知っておけば,観戦や順位予想をより楽しむことができると思います。

 SP(Short Program,ショートプログラム)はスコアの差がさほどつかないので,FS(Free Skating,フリースケーティング)に注目します。有力選手間で比較できるように,表にまとめてみました。下記画像をクリックすると,表が拡大表示されると思います。

FigureSkateScoreList2018Men

 以下の説明では,スコアの計算方法が既知であることを前提とし,記号や用語を多用いたしますので,そのあたりを把握したい方は,本ブログ記事「フィギュアスケートのスコアはどのように決まる?」をご参照ください。

 この表の見方を,羽生結弦 選手を例に説明いたします。

 表内の1や2の数字は,どのジャンプを何本飛ぶかを示します。上段(白い行)が演技時間前半に,下段(水色の行)が演技時間後半に飛ぶことを表します。3連続ジャンプは1回しか飛ばないので,飛ぶジャンプに★印を付けています。

 「4回転」「3回転(トリプル)」「2回転」の列は,メインジャンプ(単独ジャンプと,連続ジャンプの1本目)を表します。男子のFSは8回のジャンプを入れますので,メインジャンプが8本あります。羽生 選手のメインジャンプは,演技時間前半に 4Lo, 4S, 3F を,演技時間後半に 4S, 4T, 3A(2本), 3Lo を入れていることがわかります。また,2連続ジャンプの2本目は +3T と +2T を両方後半に入れ,3連続ジャンプは +1Lo+3S を後半に入れていることがわかります。

 羽生 選手のジャンプの基礎点87.53 点で,その中で後半のジャンプの点数は元の基礎点が 1.1 倍されて 59.73 点 となります。これは全てのジャンプが成功した場合の点数で,回転不足やエッジ違反等があるとここから減点されます。羽生 選手の後半の点数の割合は,59.73 / 87.53 = 68.2% で,これは有力選手の中で最も高い割合です。羽生 選手はジャンプや体力に自信があるので,後半に難易度の高いジャンプを多く組み込んで 1.1 倍の恩恵を最大限に生かそうとしているのです。羽生 選手は,4回転2本,3A 2本を後半に入れ,連続ジャンプは3回とも後半に入れています。

 ジャンプの点数だけだと数字の善し悪しがわかりづらいと思うので,スピン,ステップ,コレオも加えた全要素の基礎点がどのくらいになるのかも記載しています。右端の基礎点合計は,スピンとステップが全てレベル4の場合の点数で,羽生 選手の基礎点合計103.43 点です。これに出来ばえ点が加算されたものが技術点となり,さらに演技構成点が加わってトータルスコアとなります。2017年の世界選手権で 羽生 選手が記録したFSの史上最高得点は,下記のようになります(点数はいずれも小数点以下省略)。

 基礎点 103 点 + 出来ばえ点 23 点 (= 技術点 126 点)
  + 演技構成点 97 点 = 223 点

 なお,この表は私の予想で記載しています。羽生 選手はおそらく,上述した史上最高得点のときと同じ構成で臨むと私は予想していますが,先日,オーサー コーチが「4Lo を入れるかどうか悩み中」という趣旨の発言をしていたので,私の予想が外れる可能性があります。そこで,考えられそうなジャンプの種類を何パターンか考えて,表を分けて記載しました。これについては次回のブログで考えてみます

 この表は,基礎点の高い順に並べています。羽生 選手の基礎点が一番高いわけではなく,上に4選手もいることに驚く方もいると思います。羽生 選手はジャンプの質が極めて高く,またプログラム全体の完成度も非常に高いので,出来ばえ点や演技構成点が他の選手より5~20点ほど上積みできます。逆の見方をすると,他の選手は 羽生 選手にそれだけ引き離されてしまうので,基礎点を上げて対抗しているのです。

 ですが,そこに安住しない 羽生 選手は,今シーズン当初,さらに 4Lz を加える予定でした。3Lz が 4Lz に差し替わると7点高くなりますので,4Lz が加われば基礎点でも ネイサン・チェン 選手(米)並みの点数になったわけです。実際には 4Lz の練習でケガをしましたので,平昌五輪では 4Lz は入れない構成になるでしょう。

 他の選手を見ていきましょう。宇野昌磨ボーヤン・ジン(金博洋,中国)の両選手は,羽生 選手を上回ってはいるもののほとんど差がありません。上回っている理由は 宇野 選手が 4F,ジン 選手が 4Lz という高難度ジャンプを持っているからです。今シーズン当初,宇野 選手は 4S を,ジン 選手は 4Lo を加えていたので,それならあと5~7点ほど基礎点が高くなったのですが,自身のジャンプの完成度や,ケガ明けの 羽生 選手がジャンプ難度を落とすであろう点を勘案して,宇野 選手も ジン 選手もそれらのジャンプを諦め,羽生 選手と同じ4回転3種類4本に落ち着きそうです。4回転ジャンプの本数が同じなら,スコアに大きな差はつきません。

 ネイサン・チェン 選手も,平昌五輪本番のジャンプ構成の予想が難しいのですが,最も可能性があるのは4回転4種類5本ではないかと予想します。1月の全米選手権では 4Lz を飛ばず,9(金)の団体戦SPでも 4F を使いましたが,チェン 選手が勝つためには,他の選手より多い4種類5本は絶対条件であり,そのために 4Lz を入れざるを得ないと思います。ただ,チェン 選手はいろいろなジャンプ構成が考えられるので,その戦略については次回のブログで考えてみます

 上述の4選手よりも基礎点が高いのは,今シーズン,シニアデビューで五輪出場を果たす ヴィンセント・ジョウ 選手(米)です。ジョウ 選手も4回転4種類5本ですが,4Lz2本飛び,しかも1本は後半に入れています。また,3連続ジャンプに(+1Lo+3S の亜種である)+1Lo+3F を使うことにより,点数を約1点引き上げています。このジャンプは F(フリップジャンプ)が得意な 宇野 選手も採用していますが,難度が高く,有力選手ではこの2人しか飛んでいません。ジョウ 選手は4回転ジャンプの成功率が高くなく,回転不足も多いことから,メダル争いの候補とは見られていませんが,全部のジャンプが揃えばFS 200 点も達成可能なプログラムであり,ダークホースになる可能性もあります。4Lz を2本飛ぶだけあって,4Lz の美しさは ボーヤン・ジン 選手に比肩するものを持っていますので,そこも見どころです。

 全体の傾向を見てみましょう。全選手が 3A を2本入れています。アクセルジャンプ必須というルールがあるので,トップクラスの男子なら 3A を入れるのは当然なのですが,2本入れるのもまたルールの制約によるものです。FSでは「3回転以上の同じジャンプ2本入れられるのは2種類まで」で,その同じジャンプに関して「2本のうち少なくとも1本連続ジャンプにしなければならない」というルールがあります。この2種類を両方4回転にしたいところですが,このルールのハードルはかなり高いです。よって,2本飛ぶ4回転ジャンプは1種類になり,もう1種類は(点数を高めるため)必然的に 3A になるのです。

 アクセルジャンプは他のジャンプより難しく苦手だったり不安定だったりする選手がけっこういるので,2本飛ぶ 3A は,実は4回転と同じくらい鍵を握るジャンプです。4回転を複数本飛ぶのもなかなか大変なのに,3A にも気を遣わなければならないとすれば,ミスの確率は高まってしまいます。羽生,宇野,ボーヤン・ジン の各選手は 3A を得意としていますが,ネイサン・チェン 選手は苦手,フェルナンデス 選手はやや不安定です。4回転に加え,3A の成否にも注目してみましょう。

 前半/後半のジャンプの配分は,戦略の練りどころです。本数を3回/5回に配分するのはほぼ共通していますが,種類の配分は選手により特徴が出ます。羽生宇野 両選手は,

  • 4回転: 前半に2本入れつつ後半にも2本残す
  • 3A: 2本とも後半
  • 連続ジャンプ: 全て後半

という,似た特徴を持っています。これは後半に難しいジャンプを多く入れることで,スコアを高めプログラムの盛り上がりを持ってくる戦略であり,4S,4T,3A の安定感があってこそ可能な戦略です。一方,ボーヤン・ジン 選手は 3A+1Lo+3S という3連続ジャンプを前半に置き,難度の高いジャンプを先に飛ぶというオーソドックスな戦略を採っています。この戦略は失敗に対するリスク対策にもなっており,前半の連続ジャンプに失敗しても,後半のジャンプのどれかを連続ジャンプに変更すればリカバーすることができます。逆に,羽生・宇野 両選手のような後半に重きを置く戦略は,成功したときのスコアが高い反面,失敗するとリカバーが難しいためスコアが思いのほか下がるというリスクがあります。

 連続ジャンプの種類はほぼ同じですね。2連続ジャンプの2本目は +3T と +2T,3連続ジャンプは +1Lo+3S 系が主流です。スコア戦略やルール上の制約から,男子はこのパターンに落ち着きます。ネイサン・チェン 選手は,今シーズン当初は +2T+2Lo を使っていましたが,途中から +1Lo+3S に変えました。スコアを少しでも高めたいからだと思います。

 こうやって選手のジャンプを比較すると,各選手の得意・不得意や,戦略が見えてきます。各選手がなぜこのジャンプ構成なのか?といったあたりも,男子シングルが始まる 16(金) までにブログで分析してみようと思っています。