bayfm のラジオ番組「9の音粋水曜日の「○○への道」というコーナーの選曲(セットリスト)を勝手に考える件を久々に書きます。今週 9/23(水) の放送は,ゲスト出演される 森口博子 さんの「ETERNAL WIND」への道です。

 選曲を考えるための材料は,以下のようなものがあります。(以下,登場人物敬称略)

● 森口博子 のライフワークになったガンダムシリーズ。数多ある曲からどれを選ぶか,私はガンダムに詳しくないので,悩ましいです。

● 作詞・作曲の 西脇唯 はご自身も'90年代にヒット曲を輩出した,知る人ぞ知るシンガーソングライター。私も彼女のしっとりした歌声が好きです。

● シングル曲に関して,西脇唯 以外の女性アーティストからも楽曲提供を受けています。

● デビューした1985年は,同期の女性アイドルがたくさんいます。その中で 森口博子 と縁の深い人を取り上げたいです。

● 森口博子 といえばバラドル。その先駆者といえば…。

 さて,これらの材料を基に,セットリストを組んでみたいと思います。前回同様,《Talk》 は流れがわかる情報に絞ります。


《Title Call》 森口博子ETERNAL WIND」 への道!

① 「哀 戦士井上大輔

《Talk》 映画『機動戦士ガンダムII 哀戦士編』主題歌。「ETERNAL WIND」はガンダム映画『機動戦士ガンダムF91』の主題歌なので, "劇場版" ガンダムが生んだ大ヒット曲の元祖であるこの曲から入りました。

 ガンダム映画の大ヒット曲からもう1曲。映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』主題歌。「哀 戦士」もこの曲も,昨年発売したアルバム『GUNDAM SONG COVERS』で 森口博子 がカバーしています。

② 「BEYOND THE TIMETM Network

③ 「Ζ・刻をこえて鮎川麻弥

《Talk》 続いては,森口博子 のデビュー曲「水の星へ愛をこめて」が "後期" 主題歌だった『機動戦士Ζガンダム』の "前期" 主題歌。鮎川麻弥 とはコラボレーション曲の発売やライブ共演を行う間柄。

 では,2018年に NHK が行った『発表!全ガンダム大投票』ガンダムソング部門1位に輝いた,そのデビュー曲を聞きましょう。

④ 「水の星へ愛をこめて森口博子

《Talk》 CM明けは,「ETERNAL WIND」をはじめ 森口博子 に数多くの楽曲を提供した,女性アーティストの曲。

----- CM -----

⑤ 「7月の雨なら西脇唯

《Talk》 西脇唯 は「ETERNAL WIND」作詞・作曲のほか,シングル「スピード」「ホイッスル」の作詞や「あなたといた時間」「その胸の中でずっとずっと」の作詞・作曲などを手がけました。自身も1993年にこの曲でメジャーデビューし,何曲ものスマッシュヒットを飛ばしました。

 続いては,同期デビュー,高いボーカルスキル,アニメ主題歌が代表曲,と共通点が多いこの女性ボーカルの,NHK アニメ「ふしぎの海のナディア」主題歌。森口博子 MC,SMAP 出演の伝説のテレビ番組『夢が MORI MORI』のキックベースや番組企画コンサート出演というつながりも。

⑥ 「ブルーウォーター森川美穂

⑦ 「瑠璃色の地球松田聖子

《Talk》 7曲目は,森口博子 がデビュー前から憧れ,今も尊敬してやまない同郷・福岡県の先輩アイドル 松田聖子。この曲は 森口博子 が大好きな1曲。

 ではオーラス。松田聖子 に憧れ,アイドルとしてデビューしたものの,曲が売れずにいわゆるバラドルに。しかしそれは,テレビに出続けていれば,いつか必ず歌手としてのチャンスが巡ってくる,そう信じていたからでした。デビュー曲以来のガンダムソングとなったこの曲で,歌手としてのチャンスをモノにした後も,バラドルを軽んじることなく歌もバラエティも全力で臨んできた 森口博子 は,今やガンダムソングの歌い手としてガンダムファンからも圧倒的に支持される存在になりました。デビューから35年間,変わらぬ清涼感に加え,苦労を乗り越えた深みと,歌への感謝や愛情にあふれた 森口博子 の歌声は,キラキラとした輝きを放ち,多くの人の心を潤していくことでしょう。

⑧ 「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~森口博子


 ガンダムソングは,どれをチョイスすべきかに関する情報(森口博子 と関係が深いアーティストや楽曲など)に私が疎いので,ガンダム映画つながり,Zガンダムつながり,というところでメジャーな曲を入れる形になりました。もっと情報があれば,ガンダムソングだけで全編つなぐという手もありだなぁと思ったりもします。交流があった 西城秀樹 の「∀ガンダム」主題歌とかも候補ではありました。

 楽曲提供アーティストは 西脇唯 だけになりました。奥居香平松愛理 も候補でしたが,全体への収まりの観点から見送りました。

 同期デビュー組は,森口博子 の豊富な交流ルートから,南野陽子,本田美奈子.,松本典子 なども候補でした。中でも,同じバラドルで親友でもある 井森美幸 は最後まで悩みどころでしたが,全体の流れとしてボーカリストとしてのカラーが強くなったことから,断念しました。ただ,この同期デビュー組や,前後にデビューした人たちは今でも活躍している人が多いので,「30年以上活躍しているアイドル」でつなげばコーナーの半分は確実に埋まりますね。

 松田聖子 の曲を何にするかも悩ましいです。森口博子 が好きな曲はたくさんあるでしょうから。様々な情報から「風は秋色」「Canary」あたりもあり得るかと思いましたが,どんな曲が流れても不思議ではないでしょう。

 さて,実際の放送ではどんな流れになるか,DJの 藤田太郎 さんが構成するセットリストを楽しみにしています。ゲストの 森口博子 さんが各々の曲の思い出や思い入れを語ってくださると思うので,それも楽しみです。