マイクを持てば酔っぱらい

~カラオケをこよなく愛するITシステムエンジニアのブログ~

体操競技

宮川紗江 選手が笑顔を取り戻せますように

 体操女子日本代表の 宮川紗江 選手を取り巻くパワーハラスメント問題は,意外な展開をたどっています。暴力があったとして処分を受けたコーチを 宮川 選手は擁護し,むしろ体操協会からパワーハラスメントを受けたと記者会見で発言しました。

 この問題は,女子レスリングの 伊調馨 選手のケースと重なります。伊調 選手のコーチもレスリング協会から処分を受け,それに対し選手が異議を唱えたことで,協会が 伊調 選手を快く思っていないのでは,という図式で報じられました。ただし,コーチの 伊調 選手に対するパワーハラスメントはなく,この点が 宮川 選手の問題と異なっています。実際に暴力があったことは 宮川 選手自身も認めていて,そのことが問題を複雑にしています。

 体操協会は暴力撲滅のためにコーチを処分したのですから,協会は正しいことをしたと考えているでしょう。宮川 選手を守っている,とさえ思っているかもしれません。度を越えた暴力があり,選手のためにならないと本気で思っているのなら,体操協会は堂々と今回の処分の正当性を主張すべきだと思います。

 しかし 宮川 選手は,コーチを奪われ,さらにはコーチに関する証言を拒否すると,協会幹部から「五輪に出られなくなるかもしれないよ」と言われたと言います。五輪欠場の可能性を言葉に出すことは,いかなる理由や状況があろうと,スポーツ選手にとってはハラスメントです。これが事実ならば,体操協会は 宮川 選手に嫌がらせをした,と受け取られても仕方ありません。

 暴力を受けてもなおそのコーチに師事する,というのは,たしかに宗教的と感じてしまう点もありますし,マインドコントロールを受けてるのかなと思われかねません。DVを被っている人がなかなかその人への愛情を解くことができないのと似ています。しかし,選手本人がここまでコーチを擁護する姿勢を見せているとなると,果たして暴力がどの程度のものだったのか,コーチを排除したい別の理由があったのではないか,と体操協会への懐疑的な目が向けられてしまうと思います。

 どちらが正しいのかという議論以前に,宮川 選手が不利益を感じ,現に世界選手権への出場を辞退したのですから,選手に強い負担を強いたことは事実です。この点で体操協会の対応は何かが間違っていたと思います。何はともあれ代表選手にこのような思いをさせてはなりません。あのようなコーチに師事する選手なら大会を辞退してもやむなし,なとど協会が思っているとしたら,協会は選手を大切に扱っていないことになります。

 コーチを処分するならば,その前に選手にも十分な調査を行い,選手がコーチに心酔しているならきちんと説明して選手を納得させるべきでした。コーチが処分されれば選手が不安になるだろうことは容易に想像できるはずですし,想像できないのならそれこそが選手を大切にしていない証です。協会幹部に「自分の言うことには従うはず」というおごりがあったのではないでしょうか。そういう姿勢が,今年頻発したスポーツのハラスメント問題の根底にあるような気がします。

 体操界の重鎮である協会幹部に対し,ハラスメントを受けたと訴えることは非常に勇気が要ることであり,宮川 選手は相当な覚悟で発言したと思います。他の選手やコーチはみな幹部の世話になり影響を受けていますので,宮川 選手は周囲の同調やサポートを得られずに孤立する可能性もあります。そう考えると,宮川 選手が嘘や誇張を言っているとは思えず,協会幹部のハラスメントに関しては,第三者を入れた調査を実施してほしいと思います。

 コーチの処分の問題と,宮川 選手に対する協会幹部の対応の問題は,関連はするものの別の問題です。変に関連付けて混迷するのではなく,問題を1つ1つ切り分け,きちんとした解決が図られることを切に望みます

白井健三 の舞台度胸に驚嘆

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です。


ShiraiKenzoWorld2017 内村航平 選手を10年間追い続けている私にとって,棄権のニュースは大きなショックでした。団体と個人総合の2冠に輝いたリオデジャネイロ五輪後の燃え尽き症候群を乗り越え,王者を守り抜けるかに注目が集まった大会を,戦わずして棄権というのは 内村 選手本人も日本チーム関係者も本当に落胆したことでしょう。

 ただ,内村 選手なき体操世界選手権男子個人総合で,いったい誰が新王者になるのかという点では,実に興味深く観ることができる大会になりました。白井健三 選手は決勝1組に入った時点でもう大健闘と言える状況でしたし,リオデジャネイロ五輪で 内村 選手と超僅差の銀メダルを獲った,本命であるべき ベルニャエフ 選手(ウクライナ)が予選で振るわなかったことから,誰が新王者になるか全く読めない決勝になりました。

 その ベルニャエフ 選手や,最後の鉄棒を残してトップだったにもかかわらずメダルを逃してしまった ベルヤフスキー 選手(ロシア)などは,内村 選手の離脱によって,チャレンジャーの立場から一転,優勝できるかも…という邪念が出てしまったのかな,と感じてしまうような演技でした。この2人や ラルデュエト 選手(キューバ)が優勝なら良かったのになぁ,と個人的には思いましたね。

 そんな中,白井健三 という人は,どれだけの強心臓を持っているのでしょう。内村 選手と一緒に初めての世界選手権の個人総合を戦って経験値を上げる,という思いだったはずですが,内村 選手の棄権によって突然,独りでの戦いを余儀なくされました。にもかかわらず「航平 さんの想いも背負って」と,内村 選手の無念をも自らのエネルギーに取り込み,それが演技の中で見事に表現されていました。最初の床の演技は,もう神がかっている雰囲気がありましたね。初めての世界選手権の個人総合の試合ですから,会場の雰囲気や 内村 選手の分までという気負いに押しつぶされてもおかしくない状況なのに,白井 選手はとても躍動しているように見えました。特に,得意とは言えない最後の鉄棒で,メダル争い佳境の中ほぼ14点を出せたのは,内村 選手の想いを真正面から受け止めたことで,内村 選手がちょっと乗り移ったのかもしれない,そんなふうに思える素晴らしい演技でした。

 優勝から5位までが1点差の中にいましたので,欲を言えば,例えば平行棒でぐらつきがなければ,あるいは鉄棒で着地が決まっていれば,優勝にも手が届きました。獲れるときに獲っておくべき,という意見はあるでしょうが,優勝はできなくとも表彰台に乗れたのですから,戦前の予想から考えれば素晴らしい結果だったと思います。内村 選手が出場し,他の選手も普通の状態なら,表彰台には届かなかったわけで,白井 選手もその点を誰よりも痛感し,今後の課題を見据えていることでしょう。

 とはいえ,個人総合初出場& 内村 選手不在という状況下で 白井 選手が魅せてくれた演技は,底知れぬポテンシャルを秘めていると強く感じさせてくれるものだったと思います。銅メダルという結果はもちろん,全ての演技をほぼ13.5点以上というレベルで揃えたことが素晴らしかったですね。この 白井 選手の健闘を目の当たりにした 内村 選手が,今後,白井 選手に負けじと頑張るのか,それとも個人総合の跡継ぎができたことで気持ちを楽にするのか,そのあたりの動向にも注目していきたいと思います。

体操男子個人総合感想…生ける伝説から神になった 内村航平

 内村&加藤の1&2なるか?と期待しながら観た体操男子個人総合加藤凌平 選手は終わってみれば11位でしたが,平行棒と鉄棒がいつもどおりの出来なら表彰台に届いていました。予選,団体とずっと張りつめてきて,個人総合の最後の2種目で体が限界点に達してしまったのでしょう。それでも,メダルを意識する戦いができたことは,東京五輪に向けて良いモチベーションになると思います。テレビなどではどうも 加藤 選手の扱いが小さいように思えてなりませんが,加藤 選手のすごさをわかっている人はたくさんいると思います。団体,個人総合と本当に素晴らしい戦いを見せてくれました。

 内村航平 選手の個人総合金メダルは,わずかな可能性しかない中での劇的な大逆転劇でした。平行棒の着地が少し動いてしまったときには,銀メダルもやむを得ないかなと観ている私も思ってしまいました。その状況であの鉄棒の演技。着地が止まった瞬間,内村 選手に正に神が宿ったような印象を受けました。着々と他の選手を引き離して,鉄棒のときは余裕の点差,というのが例年の個人総合のパターンですが,今回は完璧な演技が必要な点差という近年にはなかった状況でした。しかしそれでも勝つのが 内村 選手のすごさ。点数の差はわずか 0.099。1つのわずかな演技の乱れが勝敗を左右する戦いだったのですが,それが合計92点台というハイレベルな状況下で起こったことも素晴らしかったですね。

 銀メダルの ベルニャエフ 選手(UKR)は,鉄棒以外の5種目で15点以上を揃えました。内村 選手はあん馬とつり輪が14点台だったので,ベルニャエフ 選手がいかにすごかったかがわかります。ところが,内村 選手は残りの4種目が全て15.5点を超えるという,これまた近年にないハイレベルな点数だったのです。床と鉄棒は15.5点を超えることは珍しくありませんが,跳馬と平行棒も同時にこのレベルに来ることは驚異的です。団体の疲労感は確実にあったはずですが,団体優勝の充実感と,ベルニャエフ 選手の素晴らしい演技が,内村 選手の能力を引き出したと言えるでしょう。

 内村 選手は,内心ではこのようなしびれる戦いを待ち望んでいたと思います。体操の世界の流れは,種目別スペシャリストを重視し個人総合は軽視される傾向とも言われていました。しかしこの8年間,内村 選手がトップに君臨し続けたことで,オールラウンダーこそ体操選手の鏡,という原点回帰が起こっているように感じます。例年の世界選手権では,合計90点台を出せば銅メダルが取れていましたが,リオ五輪では90点以上が6人も出ました。内村 選手は個人総合からの引退を示唆する発言をしていますが,ベルニャエフ 選手や 加藤 選手ら後進の選手たちが高いレベルになってきたことが,このような思いを抱かせたのでしょう。内村 選手には,これからは得意種目に絞ることで,少しでも長く体操選手生活を続けてもらうことが良いのではないか,と個人的には思います。ただ,次は東京五輪ですから,体操界がそれを許すかどうかはわかりません。やっぱり個人総合に出てくれ,という流れになれば,東京五輪でも個人総合の雄姿を観ることになるかもしれませんね。

 リオ五輪体操男子の団体と個人総合は,内村航平 ウォッチャーで良かったと心の底から思える,幸せと感動に包まれた素晴らしいものでした。予選から立ち直った団体決勝の見事な戦い,個人総合の大逆転劇,これらの出来事が生ける 内村航平 伝説のメインページに書き加わりました。生ける伝説をリアルタイムで目撃し,五輪の悲願達成を共に喜べる幸せを,しばらくの間かみしめたいと思います。

体操男子団体金メダルの立役者は?個人総合は1&2あるぞ!

 体操競技に携わる皆さん,そして競技ファンの皆さんにとって,今朝はとてもすがすがしく誇らしい瞬間だったのではないでしょうか。リオ五輪 体操 男子団体 堂々の金メダルを獲得しました。

 9年前,演技を観る前にインタビューを見て,体操選手らしからぬ低い声と,飄々とした受け答えにただならぬものを直感した私は,内村航平 ウォッチャーとなりました。初めて体操を生観戦したのは,東京の世界選手権の男子個人総合で彼の優勝を見たいがためでした。五輪と世界選手権では個人総合優勝を7年間維持し続け,生ける伝説となった彼に,体操の神様は五輪団体金メダルという最高の勲章を授けました。今までの競技への努力高い目標を掲げ続けた精神力と発信力,おそらく地のキャラではないはずのキャプテンシー。これだけのものを見せられては,体操の神様もひれ伏すしかなかったのでしょう。早くから 内村航平 選手に出会い,応援し続けてこられたことを,今日は心の底から嬉しく,そして誇らしく感じました。内村 選手,本当におめでとうございます!

 内村 選手は予選からかなり修正してきたとはいえ,本調子ではないように私の眼には映りました。合計 91.258 点。1種目平均15点以上というハイレベルな演技ではあるのですが,着地もそれほど決まらず,合計93点台を知る者としてはやや物足りなく感じるところもありました。それでも団体優勝できたのは,他のメンバーの力とチームワークにあったことは間違いありません。跳馬や床で期待通り高得点を出す 白井健三 選手,平行棒で貯金を作ってくれた 田中佑典 選手が目立ちますが,今回,内村 選手をカバーしたのは,予選も決勝も好調だった 加藤凌平 選手です。MVP があるならば,男子団体の MVP は 加藤 選手だと私は思います。

 オールラウンダーである 加藤 選手は,どうしても 内村 選手の陰に隠れがちですが,今回は予選からの好調を決勝でも持続し,5種目を実施して1種目平均 15.193 点。内村 選手の1種目平均が 15.266 点ですから,加藤 選手は 内村 選手並みの得点を稼いでくれた,別の言い方をすれば 内村 選手が2人いたようなものだったのです。平均15点を超えることは 内村 選手以外はそう簡単に達成できることではないので,これって本当にすごいことなのです。加藤 選手のとてつもない安定感が,内村 選手の負担を軽くし,他の選手のスペシャリストとしての輝きを引き出した,と言っても過言ではありません。父親が所属チームの監督で,内村 選手が先輩という,普通の人ならつぶれてしまうような環境に身を置き,オールラウンダーNo.2の役割をしっかり果たした 加藤凌平 選手の功績は,もっともっと称えられるべきだと思います。

 さて,こうなってくると,個人総合も楽しみが広がってきます。加藤 選手がこれだけ好調だと,内村&加藤の1&2がかなり現実味を帯びてきますよ。競泳の萩野&瀬戸は1&2とはなりませんが,こっちで1&2が達成される可能性はかなり高いと思います。体操男子の個人総合は,日本時間 8/11(木) 朝4:00~。祝日や夏休みで無理できる方も多いと思いますので,リアルタイムで応援しましょう。貴重な1&2の瞬間を見逃すな!

タグ絞り込み検索
記事検索
プロフィール

まっく・けぃ(Mak....

  • ライブドアブログ