マイクを持てば酔っぱらい

~カラオケをこよなく愛するITシステムエンジニアのブログ~

年間ランキング

2019年をランキングで振り返る

ヒット曲年間チャート>

オリコン:CD売り上げ
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/54091/2/

  1. サステナブル / AKB48
  2. ジワるDAYS / AKB48
  3. Sing Out! / 乃木坂46
  4. 夜明けまで強がらなくてもいい / 乃木坂46
  5. 黒い羊 / 欅坂46
  6. Lights/Boy With Luv / BTS
  7. BRAVE / 嵐
  8. キュン / 日向坂46
  9. こんなに好きになっちゃっていいの? / 日向坂46
  10. ドレミソラシド / 日向坂46

レコチョク配信
https://recochoku.jp/special/100835/

  1. Lemon / 米津玄師
  2. 馬と鹿 / 米津玄師
  3. マリーゴールド / あいみょん
  4. まちがいさがし / 菅田将暉
  5. HAPPY BIRTHDAY / back number
  6. パプリカ / Foorin
  7. Pretender / Official髭男dism
  8. Flamingo / 米津玄師
  9. 白日 / King Gnu
  10. アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / MISIA

オリコン:デジタルシングル
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/54091/8/
※ダウンロード販売の集計チャート。「レコチョク配信」も集計対象の1つ。

  1. Lemon / 米津玄師
  2. 馬と鹿 / 米津玄師
  3. マリーゴールド / あいみょん
  4. HAPPY BIRTHDAY / back number
  5. まちがいさがし / 菅田将暉
  6. Pretender / Official髭男dism
  7. パプリカ / Foorin
  8. 白日 / King Gnu
  9. 紅蓮華 / LiSA
  10. 愛にできることはまだあるかい / RADWINPS

オリコン:ストリーミング
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/54091/12/

  1. Pretender / Official髭男dism
  2. マリーゴールド / あいみょん
  3. 白日 / King Gnu
  4. 今夜このまま / あいみょん
  5. 宿命 / Official髭男dism
  6. ノーダウト / Official髭男dism
  7. 君はロックを聴かない / あいみょん
  8. まちがいさがし / 菅田将暉
  9. パプリカ / Foorin
  10. 愛を伝えたいだとか / あいみょん

チャート梁山泊
http://www.os.rim.or.jp/~katokiti/anual19.htm
(ザ・ベストテン終了後も独自に同様のチャートを作り続けているすごいサイト)

  1. Lemon / 米津玄師
  2. 馬と鹿 / 米津玄師
  3. パプリカ / Foorin
  4. Sing Out! / 乃木坂46
  5. 夜明けまで強がらなくてもいい / 乃木坂46
  6. キュン / 日向坂46
  7. 帰り道は遠回りしたくなる / 乃木坂46
  8. 床の間正座娘 / NMB48
  9. 黒い羊 / 欅坂46
  10. Pretender / Official髭男dism

billboard JAPAN 総合チャート
http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2019

  1. Lemon / 米津玄師
  2. マリーゴールド / あいみょん
  3. Pretender / Official髭男dism
  4. 白日 / King Gnu
  5. 馬と鹿 / 米津玄師
  6. まちがいさがし / 菅田将暉
  7. パプリカ / Foorin
  8. 今夜このまま / あいみょん
  9. U.S.A. / DA PUMP
  10. 宿命 / Official髭男dism

【寸評】 CD売り上げは坂道グループが相変わらず強いですが,AKB48 と 乃木坂46 が2曲ずつ,欅坂46 が1曲と,3曲以上送り込んできた昨年までと比べ明らかにパワーダウン。代わりに,欅坂46 の所属メンバーで構成される 日向坂46 がデビューし3曲チャートインし,年間トップ10に入った楽曲数では最も多くなりました。

 ダウンロード配信は,例年掲載している「レコチョク」に加え,オリコンの集計チャートを新たに掲載。この2つを比較すると大きな差がないことから,配信サービス間の差は少ないことが予想できます。配信は 米津玄師 の圧勝。昨年から継続の「Lemon」にラグビーのドラマで話題になった「馬と鹿」,そして彼の作品である「まちがいさがし」「パプリカ」も大ヒット。米津玄師 がブランドを完全に確立した1年と言っていいでしょう。

 今年からストリーミングのチャートも掲載してみました。ダウンロードとストリーミングは順位が似ているかと思いきや,けっこう違っていたのが驚きでした。あいみょん の4曲は昨年と一昨年のリリースなのかすごい。そして Official髭男dism が3曲チャートインで大躍進。昨年のデビュー曲「ノーダウト」が売れ続け,そこに今年の発表曲が加わってパワーアップし,スターバンドの仲間入りを果たしました。

 CD売り上げ上位曲の印象が薄いことを考慮すると,今年のヒット曲は「Lemon」「マリーゴールド」「今夜このまま」「パプリカ」(ここまでリリースは昨年),「Pretender」「宿命」「まちがいさがし」「馬と鹿」「白日」あたりと言えるでしょう。

カラオケ年間チャート>

DAM
https://www.dkkaraoke.co.jp/news/191121_2.html
JOYSOUND
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2019

  • DAM1 JOY1 Lemon / 米津玄師
  • DAM2 JOY2 マリーゴールド / あいみょん
  • DAM3 JOY4 さよならエレジー / 菅田将暉
  • DAM4 JOY6 糸 / 中島みゆき
  • DAM5 JOY3 シャルル / バルーン
  • DAM6 JOY5 パプリカ / Foorin
  • DAM7 JOY9 Pretender / Official髭男dism
  • DAM8 JOY7 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
  • DAM9 JOY8 小さな恋のうた / MONGOL800
  • DAM10 奏(かなで) / スキマスイッチ
  • JOY10 ハナミズキ / 一青窈

【寸評】 男性は 米津玄師 を,女性は あいみょん を歌うのが今年の定番だったと言えるでしょう。「Lemon」「マリーゴールド」は昨年の紅白歌合戦で歌われたことで年輩世代にも知れ渡り,選曲しやすかったのではないでしょうか。ダウンロードやストリーミングを席巻した Official髭男dism は,キーが高いので男女どちらからも歌われたと思います。

10大ニュース

◆読売新聞・国内
https://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20191220-OYT8T50125/

  1. 天皇陛下が即位。「令和」に改元
  2. ラグビーW杯日本大会開幕、日本8強
  3. 京都アニメーション放火、36人死亡
  4. 消費税率10%スタート
  5. 東日本で台風大雨被害、死者相次ぐ
  6. ノーベル化学賞に吉野彰氏
  7. 沖縄・首里城が焼失
  8. ゴルフ・渋野日向子が全英女子優勝
  9. マリナーズ・イチローが引退表明
  10. 徴用工問題で日韓関係悪化

◆読売新聞・海外
https://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20191220-OYT8T50062/

  1. 香港で学生らが大規模デモ
  2. ノートルダム大聖堂で大火災
  3. 16歳グレタさん、国連で演説
  4. 北朝鮮、新型SLBM発射
  5. 米、「パリ協定」離脱を国連に通告
  6. ハノイで2回目の米朝首脳会談、物別れに
  7. 米中、制裁・報復「第4弾」発動
  8. アマゾンで森林火災が多発
  9. 英下院が解散・総選挙、EU離脱が最大の争点
  10. 英ヘンリー王子に第1子の男児誕生

【寸評】 令和への改元,消費税10%という大きな節目となった年。台風被害は昨年に引き続き甚大で,京都アニメーションや首里城という火災の大惨事が相次いだ。海外は,香港や北朝鮮の動向は気になるものの,英国のEU離脱は先延ばしになるなど,比較的動きの少ない年だった。

流行語

◆「現代用語の基礎知識」選ユーキャン新語・流行語大賞 (黄色フォント:大賞)
https://www.jiyu.co.jp/singo/index.php?eid=00036

  • ONE TEAM
  • 計画運休
  • 軽減税率
  • スマイリングシンデレラ/しぶこ
  • タピる
  • #KuToo
  • ◯◯ペイ
  • 免許返納
  • 闇営業
  • 令和

2018年をランキングで振り返る

ヒット曲年間チャート>

オリコン:CD売り上げ
https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52268/2/

  1. Teacher Teacher / AKB48
  2. センチメンタルトレイン / AKB48
  3. シンクロニシティ / 乃木坂46
  4. ジコチューで行こう! / 乃木坂46
  5. NO WAY MAN / AKB48
  6. ジャーバージャ / AKB48
  7. 帰り道は遠回りしたくなる / 乃木坂46
  8. ガラスを割れ! / 欅坂46
  9. アンビバレント / 欅坂46
  10. シンデレラガール / King & Prince

レコチョク配信
http://recochoku.jp/special/100705/

  1. Lemon / 米津玄師
  2. U.S.A. / DA PUMP
  3. アイノカタチ feat. HIDE(GReeeeN) / MISIA
  4. 瞬き / back number
  5. Hero / 安室奈美恵
  6. LOSER / 米津玄師
  7. あなた / 宇多田ヒカル
  8. さよならエレジー / 菅田将暉
  9. 打上花火 / DAOKO × 米津玄師
  10. アイデア / 星野源

チャート梁山泊
http://www.os.rim.or.jp/~katokiti/anual18.htm
(ザ・ベストテン終了後も独自に同様のチャートを作り続けているすごいサイト)

  1. Lemon / 米津玄師
  2. U.S.A. / DA PUMP
  3. ジコチューで行こう! / 乃木坂46
  4. シンデレラガール / King & Prince
  5. ガラスを割れ! / 欅坂46
  6. アンビバレント / 欅坂46
  7. シンクロニシティ / 乃木坂46
  8. ドラえもん / 星野源
  9. いきなりパンチライン / SKE48
  10. この道を / 小田和正

billboard JAPAN 総合チャート
http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2018

  1. Lemon / 米津玄師
  2. U.S.A. / DA PUMP
  3. ガラスを割れ! / 欅坂46
  4. 打上花火 / DAOKO × 米津玄師
  5. ドラえもん / 星野源
  6. シンクロニシティ / 乃木坂46
  7. ジコチューで行こう! / 乃木坂46
  8. Candy Pop / TWICE
  9. さよならエレジー / 菅田将暉
  10. Teacher Teacher / AKB48

【寸評】 配信,ザ・ベストテン形式,Billboard JAPAN の1・2位が一致するという珍しい現象が起きました。それだけ「Lemon」「U.S.A.」の2曲が文句なしに今年の代表曲ということですね。ただし,この2曲が年末までヒットし続けた半面,これ以外にはめぼしいヒット曲がないという年でもありました。

 坂道グループ2組(乃木坂46欅坂46)は安定軌道に乗りました。彼らのおかげで,CD売り上げ年間ベスト10の常連だった 嵐 がついにはじき出されました。

カラオケ年間チャート>

DAM
https://www.dkkaraoke.co.jp/news/181115_2.html

  1. Lemon / 米津玄師
  2. 糸 / 中島みゆき
  3. 奏 / スキマスイッチ
  4. さよならエレジー / 菅田将暉
  5. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
  6. 小さな恋のうた / MONGOL800
  7. ひまわりの約束 / 秦基博
  8. ハナミズキ / 一青窈
  9. ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子
  10. I LOVE YOU / クリス・ハート

JOYSOUND
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2018

  1. Lemon / 米津玄師
  2. 糸 / 中島みゆき
  3. 小さな恋のうた / MONGOL800
  4. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
  5. さよならエレジー / 菅田将暉
  6. ひまわりの約束 / 秦基博
  7. シャルル / バルーン
  8. ハナミズキ / 一青窈
  9. ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子
  10. アイネクライネ / 米津玄師

【寸評】 カラオケチャートでも「Lemon」がトップを取りました。一方,歌われていそうな「U.S.A.」がトップ10に入っていないのは意外な感じがしますね。他に特筆すべきは,バブリーダンスでリバイバルヒットとなった「ダンシング・ヒーロー」がカラオケでもリバイバルしたことですね。1986年のヒットから32年の時を超えて歌い継がれるなんて,本当に素晴らしいことです。

10大ニュース

◆読売新聞・国内
https://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20181221-OYT8T50059.html

  1. 平昌五輪で日本は冬季最多13メダル。フィギュア・羽生結弦は連覇
  2. 西日本豪雨、死者220人超
  3. 日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ
  4. テニス・大坂なおみが全米オープン優勝、四大大会で日本人初
  5. 日産・ゴーン会長を逮捕
  6. 北海道で震度7、道内全域で停電
  7. ノーベル生理学・医学賞に本庶氏
  8. オウム松本死刑囚ら元幹部の死刑執行
  9. 大谷翔平、メジャー新人王に
  10. 大型台風襲来、関空が冠水し孤立

◆読売新聞・海外
https://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20181221-OYT8T50060.html

  1. タイの洞窟で少年ら13人全員救出
  2. 史上初の米朝首脳会談、緊張緩和進む
  3. インドネシア地震・津波、死者2000人以上
  4. 南北首脳会談、朝鮮半島非核化で合意
  5. トルコのサウジ総領事館で記者殺害
  6. 英ヘンリー王子、米女優と挙式
  7. 平昌五輪開幕、韓国と北朝鮮が史上初の合同チーム結成
  8. 米が輸入制限発動、米中摩擦が激化
  9. 米中間選挙。上院共和、下院民主勝利
  10. EU、英離脱協定を正式決定

【寸評】 国内ではスポーツと災害のニュースが多かったですね。6月に(関東で)梅雨が明けるという異常気象には,何か不気味なものを感じます。海外の米中対立,英国EU離脱,仏デモ激化といった政治の先鋭的な動きも,異常気象が人間を狂わせているのではないかと思わずにはいられません。

流行語

◆「現代用語の基礎知識」選ユーキャン新語・流行語大賞 (黄色フォント:大賞)
https://www.jiyu.co.jp/singo/index.php?eid=00035

  • そだねー
  • eスポーツ
  • (大迫)半端ないって
  • おっさんずラブ
  • ご飯論法
  • 災害級の暑さ
  • スーパーボランティア
  • 奈良判定
  • ボーっと生きてんじゃねーよ!
  • #MeToo

2017年をランキングで振り返る

ヒット曲年間チャート>

オリコン
https://www.oricon.co.jp/special/50550/2/

  1. 願いごとの持ち腐れ / AKB48
  2. #好きなんだ / AKB48
  3. 11月のアンクレット / AKB48
  4. シュートサイン / AKB48
  5. 逃げ水 / 乃木坂46
  6. インフルエンサー / 乃木坂46
  7. いつかできるから今日できる / 乃木坂46
  8. 不協和音 / 欅坂46
  9. 風に吹かれても / 欅坂46
  10. Doors ~勇気の軌跡~ / 嵐

レコチョク配信
http://recochoku.jp/special/100607/

  1. 恋 / 星野源
  2. HANABI / Mr.Children
  3. ハッピーエンド / back number
  4. 前前前世 / RADWIMPS
  5. 渡月橋 ~君 想ふ~ / 倉木麻衣
  6. やってみよう / WANIMA
  7. 打上花火 / DAOKO×米津玄師
  8. Destiny / シェネル
  9. おとなの掟 / Doughnuts Hole
  10. I need your love / Beverly

チャート梁山泊
http://www.os.rim.or.jp/~katokiti/anual17.htm
(ザ・ベストテン終了後も独自に同様のチャートを作り続けているすごいサイト)

  1. 恋 / 星野源
  2. 不協和音 / 欅坂46
  3. インフルエンサー / 乃木坂46
  4. いつかできるから今日できる / 乃木坂46
  5. 逃げ水 / 乃木坂46
  6. 世界に一つだけの花 / SMAP
  7. 二人セゾン / 欅坂46
  8. Family Song / 星野源
  9. 風に吹かれても / 欅坂46
  10. シュートサイン / AKB48

billboard JAPAN 総合チャート
http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2017

  1. 恋 / 星野源
  2. シェイプ・オブ・ユー / エド・シーラン
  3. 打上花火 / DAOKO×米津玄師
  4. 不協和音 / 欅坂46
  5. 二人セゾン / 欅坂46
  6. TT / TWICE
  7. インフルエンサー / 乃木坂46
  8. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) / ピコ太郎
  9. 前前前世 / RADWIMPS
  10. サイレントマジョリティー / 欅坂46

【寸評】 今年は「billboard JAPAN 総合チャート」を新たに加えました。CD 売り上げも配信も世間のヒットを映し出していないような気がして,日本でチャート発表してまだ10年の billboard もチェックしてみようと思いました。オリコン以外は「」がトップでした。昨年秋~冬からの余波が春まで続きましたよね。

 昨年よりさらにヒットに乏しい感じが否めませんが,坂道グループが確固たる地位を築きつつあります。乃木坂46は「インフルエンサー」,欅坂46は「不協和音」が今年の代表曲と言えそうです。アーティストでは,米津玄師 の活躍が目立ちましたね。本格的なブレイクの年と言っていいでしょう。

カラオケ年間チャート>

DAM
http://www.dkkaraoke.co.jp/news/171201.html

  1. 恋 / 星野源 ①
  2. 糸 / 中島みゆき ②
  3. 前前前世 / RADWIMPS ③
  4. 奏 / スキマスイッチ ⑧
  5. ひまわりの約束 / 秦基博 ④
  6. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太) ⑥
  7. ハナミズキ / 一青窈 ⑦
  8. 小さな恋のうた / MONGOL800 ⑤
  9. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子 ⑨
  10. キセキ / GReeeeN ⑩

JOYSOUND
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2017

 上記 DAM ランキングの曲名の右側に記載した①~⑩が,JOYSOUND での順位です。

【寸評】 昨年のビッグヒット「」「前前前世」がベスト3に入ってきました。この2曲は少なくともあと数年は歌い継がれそうな名曲ですね。

10大ニュース

◆読売新聞・国内
http://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20171222-OYT8T50045.html

  1. 14歳棋士、藤井四段が29連勝の新記録
  2. 天皇退位特例法が成立。19年4月末退位、5月改元へ
  3. 横綱日馬富士が暴行問題で引退
  4. 眞子さま婚約内定
  5. 衆院選で自民圧勝。立憲民主が野党第1党に
  6. 陸上100メートル 桐生、日本人初の9秒台
  7. 神奈川・座間のアパートで切断9遺体
  8. 上野動物園でパンダ誕生
  9. 「森友」「加計」問題などで内閣支持率急落
  10. 稀勢の里が第72代横綱に

◆読売新聞・海外
http://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20171222-OYT8T50043.html

  1. トランプ米大統領が就任
  2. 北朝鮮が6回目の核実験。弾道ミサイル発射も相次ぎ強行
  3. 金正男氏、マレーシアの空港で殺害
  4. ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏
  5. 韓国・朴大統領の罷免決定
  6. 仏大統領にマクロン氏。最年少39歳
  7. 英政府がEU離脱を正式通知
  8. 米ラスベガスで銃乱射、58人死亡
  9. トランプ氏が「パリ協定」離脱表明
  10. メキシコ地震、死者369人

【寸評】 国内のトップ3が,将棋天皇相撲という,日本伝統の話題になりました。海外はトランプ大統領北朝鮮問題が常に話題に上っていました。

流行語

◆「現代用語の基礎知識」選ユーキャン新語・流行語大賞
http://singo.jiyu.co.jp/award/award2017.html

  • インスタ映え
  • 忖度
  • 35億
  • Jアラート
  • 睡眠負債
  • ひふみん
  • フェイクニュース
  • プレミアムフライデー
  • 魔の2回生
  • ○○ファースト

「世界に一つだけの花」歴代最高のヒット曲に

 SMAP の解散は2016年の大きなニュースでしたが,解散がきっかけとなって「世界に一つだけの花」が歴代最高のヒット曲になりました。歴代最高とは,ここでは総合ヒットチャート方式の総得点(=毎週の得点の合計)が,1978年以降で最も大きくなったことを意味します。

 総合ヒットチャート方式とは,伝説のテレビ番組「ザ・ベストテン」に代表される方式で,何種類かのランキングに基づいて独自の総合ランキングを作成する方式です。「ザ・ベストテン」では,レコード売り上げ,ラジオ総合ランキング(TBS系列ラジオ局各局のランキングを集計),有線放送ランキング,ハガキリクエストランキングの4種類を用いて,各ランキングの順位に応じた得点を合計することにより,総合ランキングが決定されました。

 「ザ・ベストテン」では各週の最高得点が 9999 点に設定されており,1週間で獲得できる点数はこれが上限になります。一方,レコードやCDの売り上げは,1週間で一気に100万枚を売ることも可能であり,上限がありません。また「ザ・ベストテン」では,10位でも 6000 点程度になるので,1位に1週間ランクインするより,10位に2週間ランクインする方が総得点が高くなります。よって,瞬間的にヒットするよりも,長い期間ヒットする曲の方が総得点が高くなり,年間ランキングや歴代ランキングで上位に来るのが総合ヒットチャート方式の特徴です。

 例えば,2016年AKB48 のケースを見ると,CD売り上げは年間上位ベスト4を独占していますが,総合ヒットチャートでは年間ベスト10に1曲しかランクインしていません(しかもその曲はCD売り上げ年間ベスト4とは別の曲です)。特に最近は,発売最初の週に爆発的に売り上げた後,2週目以降売り上げが激減する曲が多く,このような曲は総合ヒットチャートにおいても最初の週は上位に来ますが,すぐ下位にランクダウンしてしまいます。これでは,総得点が伸びないので,年間ランキングで上位に来ることができません。近年,CD売り上げと総合ヒットチャートで年間ランキングが全然違っているのは,このような状況があるからです。「世界に一つだけの花」がすごいのは,このような昨今の状況下にもかかわらず,CD売り上げと総合ヒットチャートの両方で数字上の記録を残したことです。

 では,下記の主な超大ヒット曲のデータ(出典:チャート梁山泊)と見比べながら「世界に一つだけの花」がいかにすごいヒット曲になったかを説明していきます。

曲名総得点1位Best10Best20
ルビーの指環196,62712週18週22週
長良川艶歌234,16719週39週
おどるポンポコリン314,7329週30週40週
世界に一つだけの花(2003~04年)251,5216週17週30週
   〃   (2016年)215,9841週26週30週
   〃   (合計)467,5057週43週60週

 ザ・ベストテン時代(1978~89年)のビッグヒットとして多くの方が思い浮かべるのは,1981年に12週連続1位を記録した「ルビーの指環」(寺尾聰)でしょう。ベスト10には18週(約4ヶ月)ランクインし,総得点は約20万点です。総得点=ベスト10ランクイン週数×1万 くらいが目安です。ベスト10に8~10週ランクインし,総得点が10万点に届けば大ヒットと言えるので,「ルビーの指環」はやはりものすごいヒットだったことが数字に表れています。

 しかし,ザ・ベストテンの総得点歴代最高は「ルビーの指環」ではなく,1984年に大ヒットした「長良川艶歌」(五木ひろし)です。この曲は,ベスト10に19週,ベスト20にはなんと39週もランクインしたため,毎週の得点がコツコツと積み上がって23万点もの総得点になりました。この曲は,レコード売り上げはミリオンセラーには遠く及びませんが,総合ヒットチャート方式では上述のようにロングヒットの方が総得点が高くなるので,「長良川艶歌」はその傾向が最も顕著に表れた例です。

 ザ・ベストテン終了直後に,総合ヒットチャート史上最強のヒット曲が登場しました。1990年年間1位の「おどるポンポコリン」(B.B.クイーンズ)です。この年始まったテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の主題歌として大ブームを巻き起こし,ベスト10に半年以上ランクインする超ロングヒットを記録。総得点が初めて30万点を超えました。1990年以降はチャート梁山泊オリジナルランキング(ザ・ベストテンを模したランキングを現在でも独自に作り続けています)なので,厳密に言えばザ・ベストテンの得点と並べて比較することはできないのですが,もしザ・ベストテンが続いていたら同じような点数になっていただろうと思います。ベスト10に30週もランクインするのは驚異的で,もうこのようなモンスターヒット曲は現れないだろうと私は思っていました。

 「世界に一つだけの花」は,2003~04年,ベスト10に17週ランクインし「おどるポンポコリン」に次ぐ総得点を記録していました。ここまででも異例の大ヒットと言えるのですが,解散の風評が流れた2016年当初から再びランクインしてきました。これは,解散を惜しむファンのCD購買運動がきっかけでしたが,売り上げ枚数が伸びて300万枚に近づいたことで,CD売り上げ300万枚を達成しようという流れも加わりました。これにより,2016年だけでベスト10に26週もランクインし,21万点を上積みしました。この得点は,年間1位になった2003年の18万点より高い得点であり,いかに解散を惜しむ声が大きかったかを示しているように思います。年間1位を2回獲るだけでも偉業ですが,それを13年も経ってから達成することは驚きですし,総得点46万点歴代3位と4位(「はじまりはいつも雨」「長良川艶歌」)の合計に匹敵する点数であり,ヒットチャート史上に燦然と輝く記録を残しました。

 2016年暮れにCD売り上げが300万枚に達したことが大々的に話題になりましたが,ヒットチャートウォッチャーにとっては,総合ヒットチャート歴代ランキングで「おどるポンポコリン」の総得点を超えたというのはとても感慨深いニュースでした。CD売り上げだけでなく総合ヒットチャートでも歴代最高を記録したという点で「世界に一つだけの花」は真の歴代最高ヒット曲になったと言えるでしょう。SMAP 解散はとても残念ではありますが,「世界に一つだけの花」という素晴らしい楽曲は,皆さんの心の中とヒットチャートの記録の中で生き続けていくことでしょう。

2016年をランキングで振り返る

ヒット曲年間チャート>

オリコンhttp://www.oricon.co.jp/special/49664/2/

  1. 翼はいらない / AKB48
  2. 君はメロディー / AKB48
  3. LOVE TRIP/しあわせを分けなさい / AKB48
  4. ハイテンション / AKB48
  5. サヨナラの意味 / 乃木坂46
  6. 裸足でSummer / 乃木坂46
  7. I seek/Daylight / 嵐
  8. ハルジオンが咲く頃 / 乃木坂46
  9. 復活LOVE / 嵐
  10. Power of the Paradise / 嵐

チャート梁山泊http://www.os.rim.or.jp/~katokiti/anual16.htm
(ザ・ベストテン終了後も独自に同様のチャートを作り続けているすごいサイト)

  1. 世界に一つだけの花 / SMAP
  2. 唇にBE MY BABY / AKB48
  3. 恋 / 星野源
  4. 裸足でSummer / 乃木坂46
  5. サイレントマジョリティー / 欅坂46
  6. チキンLINE / SKE48
  7. ハルジオンが咲く頃 / 乃木坂46
  8. サヨナラの意味 / 乃木坂46
  9. 前前前世 / RADWIMPS
  10. Hero / 安室奈美恵

レコチョク配信: http://recochoku.jp/special/100517/

  1. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)
  2. 365日の紙飛行機 / SKE48
  3. 前前前世 / RADWIMPS
  4. PERFECT HUMAN / RADIO FISH
  5. クリスマスソング / back number
  6. 恋 / 星野源
  7. トリセツ / 西野カナ
  8. 花束を君に / 宇多田ヒカル
  9. Wherever you are / ONE OK ROCK
  10. SUN / 星野源

【寸評】 今年のヒット曲でパッと頭に浮かぶのは「PERFECT HUMAN」「海の声」「花束を君に」「Hero」「前前前世」「」あたりでしょう。これらが最も多くランクインしているのはレコチョク配信チャートです。もはや,CD売り上げやザ・ベストテン式チャート(総合チャート)よりも配信の方がヒット性を反映しています。この傾向は「Let It Go ~ありのままで~」がヒットした2014年から顕著になっており,CDビッグセールス≒大ヒットという図式は完全に崩れつつあるとみてよいでしょう。

 一番驚いたのは,ザ・ベストテン式チャートで「世界に一つだけの花」が年間1位になったことです。今年1年の間,たびたびチャート上位に登場したことを私が知らなかったことが驚きの原因ですが,実はCD売り上げも年間12位に入るほどだったんですね。累計300万枚突破がニュースになりましたが,解散を惜しむ力がこれほどまでにヒットチャートを動かしたわけで,やはり SMAP は偉大なアイドルグループなんだなぁと実感しました。

カラオケ年間チャート>

DAMhttp://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2016.html?file=161206&name=%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%B3%87%E6%96%99

  1. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)
  2. 糸 / 中島みゆき
  3. ひまわりの約束 / 秦基博
  4. トリセツ / 西野カナ
  5. R.Y.U.S.E.I. / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  6. 奏 / スキマスイッチ
  7. ハナミズキ / 一青窈
  8. Story / AI
  9. 365日の紙飛行機 / AKB48
  10. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子

JOYSOUNDhttps://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2016

  1. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)
  2. 糸 / 中島みゆき
  3. ひまわりの約束 / 秦基博
  4. トリセツ / 西野カナ
  5. ハナミズキ / 一青窈
  6. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
  7. 365日の紙飛行機 / AKB48
  8. 小さな恋のうた / MONGOL800
  9. SUN / 星野源
  10. 奏 / スキマスイッチ

【寸評】 カラオケの今年の代表曲は文句なしで「海の声」となりました。1~4位は DAM も JOYSOUND も同じなので,今年の4強と言えるでしょう。「ひまわりの約束」は昨年の1位ですが今年も根強く歌われたので,今後長く愛される曲として定着すると思います。ほかに「糸」「ハナミズキ」「残酷な天使のテーゼ」「奏」のようにカラオケの超定番としてランクインし続ける曲は本当に素晴らしいですね。

10大ニュース

◆読売新聞・国内http://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20161223-OYT8T50000.html

  1. 熊本地震、死者50人
  2. 東京都知事に小池百合子氏。築地市場の豊洲移転延期、五輪施設計画見直し
  3. リオ五輪、史上最多のメダル41個
  4. 天皇陛下、退位のご意向を示唆
  5. オバマ米大統領が広島訪問
  6. ノーベル生理学・医学賞に大隅氏
  7. 北海道新幹線が開業
  8. 相模原市の障害者施設で19人刺殺
  9. 18歳選挙権施行
  10. 「ポケモンGO」日本で配信開始

◆読売新聞・海外http://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20161224-OYT8T50000.html

  1. 米大統領選でトランプ氏勝利
  2. 英国民投票で「EU離脱」過半数
  3. 韓国・朴大統領、友人女性の国政介入疑惑で窮地に
  4. ノーベル文学賞にボブ・ディランさん
  5. 「パナマ文書」公開で各国に波紋
  6. オバマ米大統領がキューバ訪問
  7. 北朝鮮が初の「水爆実験」実施発表
  8. ロシアの国主導でのドーピング認定
  9. ミャンマー新政権発足。スー・チー氏は事実上トップの国家顧問に就任
  10. キューバのカストロ前議長死去

【寸評】 静かだった昨年に比べると,特に政治エンターテインメントの世界が騒がしい1年でした。中でも海外政治は,トランプ,EU離脱,朴槿恵問題の3大ショックが強烈なインパクトを残しました。長い目で見ると民主主義の転換点になる年かもしれません。

タグ絞り込み検索
記事検索
プロフィール

まっく・けぃ(Mak....

  • ライブドアブログ