フィギュアスケートのグランプリファイナルに出場する選手のスコアの比較表を作ってみました。まずは男子シングルの6名。

FigureSkateScoreList2019GPFmen

▲▲▲ クリックしてご覧ください ▲▲▲

 男子は 羽生結弦 選手と ネイサン・チェン 選手の2強対決ですが,スコアを見ると他の選手も大きく離されてはいないことが分かります。特に,サマリン 選手は2強に並ぶスコアを取れるジャンプ構成になっています。ただし,今季,この構成を成功させたことは一度も無く,3連続ジャンプも 3Lz+3T+2Lo という非常に難しいジャンプなので,成功確率はなかなか上がらないでしょう。ですが,4Lz と 4F の両方を,SPにもFSにも組み込むという意欲的なジャンプ構成なので,ぜひ成功させてほしいと願っています。

 4Lz を飛べる選手が4人もいるのが驚きです。4Lz でスコアを稼げるからこそ,ファイナルに残れたと言えるでしょう。羽生 選手も 4Lz を飛べますが,ケガの原因にもなったジャンプなので,確実性が上がるまでは使わないと思います。どうしても 4Lz は失敗のリスクが高いですから,使わずに戦える 羽生 選手は別の強さを備えています。SPのボーナスタイムに注目すると,ボーナスタイムに連続ジャンプを入れているのは 羽生 選手と チェン 選手だけで,しかも2人とも 4T+3T です。4T の成功確率が高く,ボーナスタイムに入れられるほど自信を持っているこの2人の実力は,やはり飛び抜けています。

 ここからは,羽生 選手と チェン 選手の戦いに焦点を絞ります。FSでは チェン 選手が 4Lz を使うのに対し,羽生 選手は他の選手が誰も飛べない 4Lo を入れて独自性を出しています。これで1点の得点差が出るのですが,FSトータルでは 0.37 点しか差がありません。羽生 選手は 3A2本ともボーナスタイムに入れ,ボーナスタイムの3つのジャンプを全て連続ジャンプにするというチャレンジによって,点差を詰めています。羽生 選手はボーナス加点率が唯一 5% を超えており,演技後半にスコアを稼ぐ構成になっているのですが,連続ジャンプを後ろに持ってくると失敗したときリカバーができないので,非常に緊張感が高く,ジャンプに自信が無いと組めない構成です。

 一方,チェン 選手は難しい連続ジャンプ2つを前半に持ってきており,ボーナスタイムは +2T という軽めの連続ジャンプしか入れていません。前半で失敗しても後でリカバー可能にするリスク対策を採っているわけです。かといってボーナスタイムが楽なわけではありません。ボーナスタイムに4回転を2本入れているのは チェン 選手だけであり,4回転に自信があるからこそボーナスタイムに組み込んでスコアをアップさせているのです。

 2人が揃って今シーズン新たに挑戦しているジャンプがあります。3連続ジャンプを +1Eu+3F にする,いわゆるサードフリップです。これは +1Eu+3S の亜種で,最初に取り入れた 宇野昌磨 選手と ヴィンセント・ジョウ 選手(米)の2人しか実施していませんでした。羽生,チェン 両選手は共に 4T+1Eu+3F という,4回転に付ける大技に挑んでいます。ファイナルでは,このジャンプの成否が勝敗を大きく左右すると思います。

 さて,ついジャンプに注目しがちですが,このような比較表を眺めていると面白いことが見えてくるもので,FSのスピンに関して 羽生 選手と チェン 選手だけがコンビネーションスピンを2回入れています。コンビネーションスピンの方がスコアが高いので,どの選手も2回入れているのかと思いきや,他の選手は1回しか入れていません。このことから,この2人はスピンも得意なのだということが分かります。2人のコンビネーションスピンはとても華があり,完成度も高いので,得点源になっています。これもまた,2人の実力が抜きん出ている理由の1つですね。

 2人の対決はほぼ互角と考えていいでしょう。羽生 選手は 4Lo,チェン 選手は 3A の出来が鍵になりそうです。チェン 選手の 4S や 3A の調子が今一つならば,これらに代えて 4F を投入する可能性もあり,そうなれば 4Lz と 4F が同時に観られることになるので,これはこれで楽しみです。

 歴代最高得点にも期待がかかります。完璧な演技ならどのくらいのスコアになるか考えてみます。2人の技術点の基礎点は,ジャンプが全て成功してスピンやステップのレベルも全て最高だった場合,SPとFSの合計で約 140 点。これに技の出来栄え点(GOE: Grade Of Execution を基に算出)が加点されますが,GOE の平均が 3.5 の場合,出来栄え点は 140×3.5×10% = 49 点。よって,技術点はトータル 189 点。さらに PCS(Program Component Score,演技構成点)が満点の96%を獲得すればSPとFSの合計で 144 点で,トータルスコアは 333 点出る計算になります。現在の歴代最高得点(2018/19シーズン以降の現行ルール)は,チェン 選手が昨季の世界選手権で出した 323 点台ですから,十分に更新可能であることが分かると思います。2人揃って 330 点を超える大会になるかもしれませんね。