マイクを持てば酔っぱらい

~カラオケをこよなく愛するITシステムエンジニアのブログ~

コストナー

グランプリファイナル プレビュー

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です


 シーズン前半のハイライト,グランプリファイナルの開催が迫ってきました。五輪シーズンのファイナルは,五輪直前に有力選手が一堂に会する唯一の大会なので,例年にない盛り上がりを見せます。今年は名古屋での開催ということで,テレビ観戦しやすいのも嬉しいですね。

 私はこのグランプリファイナルが,世界選手権よりも好きです。国別の人数枠がなく,最強レベルの6人が集いますし,6人なので試合時間が短いのも集中できてよいのです。振り返れば,4年前のファイナルも,今年と同じように五輪直前に日本で開催されました。私は開催地の福岡で生観戦する幸運に恵まれ,同時開催のジュニアファイナルも,またペアやアイスダンスも,もちろんエキシビションも,全ての競技を観戦しました。この観戦経験により,私のスケート観戦熱はさらに高まりました。

 4年前,私が観たかった 髙橋大輔 選手が急遽欠場となりガッカリしましたが,繰り上げ出場した 織田信成 選手が3位に入る素晴らしい内容でした。織田 選手はその2週間後の全日本選手権直後に引退されたので,福岡で観ることができたのはとても幸運でした。今年は,羽生結弦,ハビエル・フェルナンデス(スペイン)の両選手がまさかのファイナル進出ならず,さらに メドベージェワ 選手(ロシア)と ボーヤン・ジン 選手(金博洋,中国)が直前で欠場となってしまいました。それでも見応えのあるメンバーが集まり,繰り上げ出場も 宮原知子 選手と ジェイソン・ブラウン 選手(米)という豪華さ。王者と女王が不在でも,生観戦される方は各選手の演技に魅了されることと思います。

◆男子シングル

 直近4回の五輪直前のファイナル優勝者を見てみると,

  • ヤグディン 選手(ロシア):2002年ソルトレーク五輪 金メダル
  • ランビエール 選手(スイス):2006年トリノ五輪 銀メダル
  • ライサチェック 選手(米):2010年バンクーバー五輪 金メダル
  • 羽生結弦 選手:2014年ソチ五輪 金メダル

というように,男子はファイナルの成績がそのまま五輪に直結しています。なので,五輪を占う意味でも注目なのですが,やはり,宇野昌磨 選手と ネイサン・チェン 選手(米)の一騎打ちと考えていいと思います。2人ともかなり本気でファイナルを勝ちに来ると私は予想します。2人は国内選手権で大崩れしなければ代表入りは確実なので,国内選手権よりもファイナルに注力することができますし,大きな国際大会で成績を上げておけば,五輪に自信を持って臨めるからです。

 勝ちたい気持ちがより強いのは,開催地の名古屋が練習拠点の 宇野昌磨 選手でしょう。自国というだけでなく自身の拠点の街で開催されることは幸運かつ貴重なことなので,否が応でも気持ちは昂るでしょう。前回のフランス大会から中2週,長距離移動も苦手な時差もなし,羽生 選手不在のため堂々と優勝が狙える,と好条件が揃っています。技術面では,FS(Free Skating,フリースケーティング)で 4S(4回転サルコウジャンプ)を加えた4回転ジャンプ4種類5本の構成が成功するかどうかが注目点です。SP(Short Program,ショートプログラム)もFSも完璧なら 羽生 選手の歴代最高得点超えが観られるかもしれません。

 一方,前回のアメリカ大会から中1週の チェン 選手は,長距離移動もありタイトなスケジュールですが,次の全米選手権まで中3週あるので,ファイナルは全力で臨めるでしょう。シリーズ2戦共にトータル300点に届かなかったことと,アメリカ大会で高難度構成を実施できなかったことから考えると,五輪で実施したい構成の最終案をファイナルで試すと考えられます。個人的には,FSで4回転ジャンプ5種類を見たいところですが,4Lo(4回転ループジャンプ)が安定しないようで,試合で使えるめどが立たなければ 4Lo をあきらめ,4Lz を2本入れる構成にする可能性もあると思います。スコア戦略で見れば 4Lz 2本の方が脅威ですから,どちらの構成にするか,あるいはさらに違う構成にするのか,これが最大の注目点でしょう。

 2人の勝負は,全て成功なら 宇野 選手が5~10点リードする力を持っていますので,1ミス差までなら 宇野 選手,2ミス差以上だと チェン 選手が勝つだろうと思います。シリーズ2戦とは打って変わって,完成度がかなり高い演技になると予想します。

 銅メダルは,普通に演技できれば コリヤダ 選手(ロシア)だと思いますが,ミスがいくつか出ると,ジャンプが非常に安定している ボロノフ 選手(ロシア)がさらっていくでしょう。また,リッポン,ブラウン の両アメリカ勢も虎視眈々と表彰台を狙っているでしょう。特に,ブラウン 選手が完璧ならどこまでスコアが伸びるのかを観てみたいです。

◆女子シングル

 絶対女王 メドベージェワ 選手(ロシア)の欠場によって,出場者全員に優勝のチャンスがあります。グランプリシリーズのベストスコアは,出場6選手が7.2点差の中にひしめき合い,ソツコワ 選手(ロシア)以外の5選手はわずか3.5点差の中に入っているのです。これはもうほぼ横一線といっていい状況であり,演技個々の要素の完成度とプログラム全体の質,すなわち GOE(Grade Of Execution,出来栄え点)と PCS(Program Component Score,演技構成点)が勝敗を分けることになるでしょう。

 私は 宮原知子 選手が他の選手をわずかにかわして優勝するのではないかと予想します。アメリカ大会の完全復活で,全ての不安が期待に変わりました。アメリカ大会にかなりエネルギーを使いましたので,急遽出場となったファイナルにうまく調整できるのかという声がありますが,アメリカ大会の出来が大いなる自信になり,根詰めて練習しなくても状態をキープできることがわかった 宮原 選手は,フルパワーを出さなくてもかなり高い完成度を発揮する,言わば「勢いで乗り切る」感じになると私は見ています。アメリカ大会から全日本選手権まで,ゾーンに入りっぱなしの 宮原 選手が観られることを期待しましょう。

 宮原 選手が出場してくれることで,気持ちが楽になるのが 樋口新葉 選手です。開催国唯一の女子シングル選手という立場から解放されるので,思い切って演技ができると思います。シリーズ2戦に匹敵するかそれ以上の好成績を,ファイナルと全日本選手権でも残せるかが注目点ですが,まずはファイナルで,ミスなく GOE である程度加点が付くような良い演技をして表彰台に乗りたいでしょう。完璧な演技ができれば優勝も射程圏内です。表彰台に乗るか,213点以上のスコアを出せば,代表の座がかなり近づくと思います。

 強敵となるのは,ザギトワ 選手(ロシア)です。SPとFSが両方綺麗に演技できれば間違いなく優勝ですが,シリーズ2戦ではミスがあったりジャンプの着氷がやや乱れたりしていました。観客満杯で五輪直前の熱気に包まれる大舞台の雰囲気は,シリーズ2戦とは全く違うものであり,シニアで初めて味わう雰囲気の中で高い技術力を発揮するのか,雰囲気に気圧されてしまうのか,大舞台での強さが問われる大会になります。日本選手と同じように年内に国内選手権がありますので,このファイナルをどんな形で乗り切るのかも重要になってくると思います。表彰台に乗れば,彼女もまた代表入りが大きく近づくでしょう(IOC のロシア出場禁止決定で,フィギュアスケート選手がどうなるのかは気がかりですね…)。

 もう一人の強敵は,コストナー 選手(イタリア)ですね。10代全盛の女子シングル界において,30歳でファイナルに出場する力量を維持しているのがもうすごいです。今季のプログラムは彼女史上最も自身に合ったプログラムだと思いますし,スコアも付いてきています。見どころはやはりスケーティングでしょう。一蹴りでスーッと伸びていくムダのないスケーティングは圧倒的です。順位など気にならない存在ですが,そういうコメントが失礼になるほど,優勝争いを左右する一人になることは間違いありません。

 昨季に続いてのファイナル出場となる オズモンド(カナダ),ソツコワ(ロシア)両選手は出来・不出来の波がありますが,その差が以前よりずっと小さくなってきて安定感が出てきました。出来が良ければ表彰台や優勝争いに絡んでくるでしょう。とにかく6選手の実力が拮抗しているので,どんな順位になっても全く不思議ではありません。

 この6選手のプログラムは,選手自身によく合った素晴らしいものになっています。凛とした 宮原 選手,強さと速さの 樋口 選手,キビキビした ザギトワ 選手,しっとりと魅せる コストナー 選手,華やかな オズモンド 選手,可憐で優雅な ソツコワ 選手。実に六者六様で,フィギュアスケートの多様性を存分に感じられると思います。

◆アイスダンス,ジュニアファイナル女子シングルも注目

 これらは地上波では放送されませんが,BSでは観ることができると思います。アイスダンスは,私が大好きな生ける伝説の テッサ・ヴァーチュー & スコット・モイヤー 組(カナダ)と,若いのに妖艶な雰囲気がすごすぎる ガブリエラ・パパダキス & ギヨーム・シゼロン 組(フランス)の直接対決が,とんでもなくハイレベルな戦いになり,そこに日本人血筋の兄妹である シブタニ 組(米)がどこまで食い下がるか,という展開になると思います。

 グランプリファイナルは,ジュニアのファイナルが併催されるのが独特で,将来の名選手を先取りできる楽しみがあります。私が4年前に福岡で観戦したときは,田中刑事,ボーヤン・ジン,ネイサン・チェン,メドベージェワ,ソツコワ といった選手がジュニアファイナルに出場していて,彼らはとても印象に残りました。

 今年のジュニアファイナルは,女子の 紀平梨花 選手が,他の5選手がみなロシア勢の中一人で立ち向かいます。彼女は先日の国内大会で,FSで 3A(トリプルアクセルジャンプ)を2本決め,しかも 3A+3T+2T(トリプルアクセル→トリプルトウループ→ダブルトウループ)の3連続ジャンプという大技に成功しました。3A からの3連続ジャンプは 浅田真央 さんも飛んだことがないすごいジャンプで,これを国際大会で決めれば史上初となりますので,このジャンプを決めて表彰台に乗れるかどうかに注目したいと思います。

友野 男子3枠目に急浮上【日本大会感想】

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です


 羽生結弦 選手の直前欠場は,これが五輪でなくて良かったと前向きに捉えようとする方が多いと思いますが,私は最悪のタイミングのケガだと感じます。NHK杯の観客をガッカリさせ,欠員補充で他の選手にチャンスを授けることもできず,ファイナル5連覇の偉業を達成できず,五輪への調整にも当然影響が出ます。私は 羽生 選手の五輪2連覇は確実と当ブログに書きましたが,それはケガなしが前提であり,ケガをしてしまった今となっては五輪連覇は黄信号と言わざるを得ません。こういう逆境に強い 羽生 選手なので,やってくれるだろうという思いはありつつも,過大な期待をせずに辛抱強く見守りたいと思います。

 羽生 選手の欠場で優勝確実だったにもかかわらず,それがかえって演技を難しくしたのか,表彰台さえも逃してしまった ジェイソン・ブラウン 選手(米)。最近 3A(トリプルアクセルジャンプ)は安定していたのですが,今大会のFS(Free Skating,フリースケーティング)では2本とも乱れました。4回転が1本入るかどうかの ブラウン 選手にとって,3A は生命線ですので,もっと精度を高めてほしいです。羽生 選手へのメッセージを得意の日本語で書いてくれた心優しき ブラウン 選手には,ぜひグランプリファイナルに出場して再度来日してほしいですが,他の選手次第でありどうなるでしょうか。

 優勝したのは,なんと出場者最年長の セルゲイ・ボロノフ 選手(ロシア)。ジャンプが絶好調で,無駄な力を使わずに高く跳躍し,余裕をもって着氷する美しいジャンプを連発していました。このジャンプの好調を維持できれば,ロシア五輪代表の2枠目に入ると思います。30歳でこのように活躍できることが本当に素晴らしいですね。

 2位:リッポン 選手(米),3位:ビチェンコ 選手(イスラエル)と,表彰台に乗ったのが出場者の年長者3人(30,29,28歳)というベテラン健在な結果となりました。4Lz(4回転ルッツジャンプ)にいち早く挑戦していた リッポン 選手の 4Lz は,3回転と間違えそうになるほど回転がゆっくりで優雅な雰囲気があり,他の選手の 4Lz と一味違いますね。リッポン 選手は,ファイナル進出も米国代表入りも当落線上にいるので緊張感が続きますが,それが 4Lz の完成度を上げることになるでしょう。

 村上大介 選手の肺炎で代理出場となった 友野一希 選手は,国内大会からの連闘とは思えないほど躍動していましたね。表現しようという気持ちが前面に出ていましたし,3A が得点源になりスコアも出ました。正直なところ,田中刑事,無良崇人 両選手がパッとせず,しかも若さ溢れる楽しいプログラムに仕上がっているので,私は代表3人目に 友野 選手を推そうと決めました(笑)。

 宮原知子 選手は,復帰戦ということを考えれば申し分ない出来で,特に表現面では以前よりもさらに柔らかく自然な上半身の動きが増え,作り込んだ表現というよりは,あふれ出る表現になっていたと思います。しかし,いきなりのトップギアとはならず,5位に終わったのでファイナル進出はないでしょう。実戦が減るのは痛いですが,ファイナル出場なら全日本選手権まで3戦連続で中1週というハードスケジュールだったので,全日本選手権の前に中3週空くのは調整にはプラスと考えたいです。

 本郷理華 選手は,前回のカナダ大会より洗練されてきましたが,ジャンプの回転不足がまだ残っていますね。演目は本当に素晴らしいですし,ステップはとても躍動感が出てきましたので,全日本選手権ではクリーンなジャンプで勝負してほしいです。

 白岩優奈 選手は,テレビ画面でもはっきりとわかるほど緊張していましたね。他のシニアデビュー組である 坂本花織,本田真凛 の両選手もそうでしたが,演技そのものは十分にシニアでやれる力を持っていても,メンタル面では「怖いもの知らずで突き進む」という舞台度胸が発揮できなかったようです。それでも,白岩 選手は地元である大阪のNHK杯でシニアデビューを飾れたので,良い経験になったと思います。

 メドベージェワ 選手(ロシア)が,FSでは珍しく,しかも冒頭のジャンプで転倒しました。2回目のジャンプも乱れ,大崩れするのか…と少し心配しましたが,後半は立て直しました。ロシア大会でもFSでジャンプ転倒があり,今季のFSは完全な演技ができていません。五輪シーズンの重圧は確実に彼女にものしかかっています。現時点では,1ミスでは誰も追いつけませんが,他の選手がレベルを上げて「1ミスだと負けるかもしれない」という状況を作れば,そのプレッシャーから メドベージェワ 選手と言えどもミスの確率が高まるかもしれません。

 ロシア大会で2位だったものの,その完成度が維持できるのか私が確信できなかった カロリーナ・コストナー 選手(イタリア)ですが,今季の完成度は本物ですね。3位以下なら 樋口新葉 選手のファイナル出場がグッと近づいたのですが,2位をキープし コストナー 選手が先にファイナル出場を決めました。スケーティングや全体の完成度が今季は特に研ぎ澄まされ,トップ選手の多くが10代の中,成熟した存在感でこれぞフィギュアスケートという演技を魅せてくれると思います。

 ようやく本格シニアデビューを果たした ポリーナ・ツルスカヤ 選手(ロシア)は,いきなりのトータル210点で表彰台に乗りました。本田真凛 選手が世界ジュニアチャンピオンになった大会で,FS直前でケガをする不運に見舞われ棄権しましたが,ケガがなければチャンピオンの大本命だった,その実力どおりの演技でした。私も久しぶりに観ましたが,ジャンプの幅と高さが非常に大きく,身体の大きさを生かしたスケールの大きい演技が圧巻でした。メドベージェワ,ザギトワ 両選手と同じ,エテリ・トゥトベリーゼ コーチなので技術もしっかりしており,今大会の印象からすると,ロシア女子の3枠を同コーチ門下の3選手で占めてしまうことも十分にあり得ると感じました。

 比較的穏やかな大会となるはずが,羽生 選手負傷,ブラウン 選手や 宮原 選手が表彰台に乗らないなど,ドラマの多い大会となりました。日本勢にとって厳しい大会になってしまいましたが,友野 選手の今後がとても楽しみになったことが収穫でした。

羽生結弦 順調,樋口新葉 詰め甘し 【ロシア大会感想】

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です


 羽生結弦 選手は,またしてもグランプリシリーズ初戦2位という結果でしたが,2位以内に入ればグランプリファイナル出場に支障はないので,全く問題ないでしょうね。4Lz(4回転ルッツジャンプ)の成功で盛り上がっていますが,個人的には 4T+1Lo+3S という4回転からの3連続ジャンプが入らなかったのが残念でした。次の日本大会(NHK杯)は間違いなくもっと良い仕上がりになるでしょう。2年前に歴代最高得点を記録した舞台ですし,日本の観客に良いものを見せたいという気持ちが強いと思いますので。

 ネイサン・チェン 選手(米)は,今回のFS(Free Skating,フリースケーティング)では5種類の4回転を入れてきませんでしたね。次の米国大会でお披露目となるのでしょう。それでも4回転4本をさらっと飛んでいてそれはそれですごいですが,チェン 選手の注目点は技術点ではなく PCS(Program Component Score,演技構成点)の方です。昨季は80~85点あたりでしたが,今大会では88点台を出し,羽生 選手との差を詰めてきています。実はこっちのスコアの差が詰まってくることで,勝負の局面で 羽生 選手がミスできる回数が少なくなり,プレッシャーを強めることができます。チェン 選手は今回の PCS に手ごたえを感じていると思います。

 ミハイル・コリヤダ 選手(ロシア)は,FSで3度の転倒にもかかわらず185点台で,PCS は90点が見えてきました。完璧な演技ができれば,6強に続くFSの200点を達成できそうです。プレスリーという王道のメドレーが上滑りしないのは,コリヤダ 選手の表現力の賜物でしょうね。

 驚きだったのは,モリス・クヴィテラシビリ 選手(ジョージア)。長身なのにジャンプがスマートで,スケーティングも滑らかで醸し出す雰囲気も良い。FSで4回転ジャンプを3本入れて250点に乗せ5位に入りましたが,実は 田中刑事 選手の欠場で代わりに出場した選手だったと聞いてビックリ。ワンチャンスをモノにしましたね。そして,エテリ・トゥトベリーゼ コーチと聞いて納得。ロシアの メドベージェワ,ザギトワ 両選手を指導している名コーチですね。今大会がきっかけになって,一気にブレイクしそうな予感満載です。クヴィテラシビリ…覚えづらいけど覚えておきましょう。

 樋口新葉 選手,3位ですか…。やっぱりミスがあると2位にはなれないですね。SP(Short Program,ショートプログラム)での回転不足と,FSのサルコウジャンプのミス(トリプルがダブルに)がなければ,カロリーナ・コストナー 選手(イタリア)と入れ替わっていたかもしれません。コストナー 選手がFSはそれほど仕上がっていないと予想していたのですが,ここまでの仕上がりとは驚きでした。相手に恵まれなかったという見方もできますが,やはりミスしているようではダメとスケートの神様に諭されている感じがします。

 昨季,樋口 選手は,ジャンプとの両立に苦しみながら PCS の引き上げに取り組んでいましたが,その成果が今大会FSの PCS 68 点(満点の85%)という形で現れました。プログラムも 樋口 選手に合っていて,特にFSの「007 スカイフォール」は 樋口 選手にとてもマッチしていると思いますので,完璧な演技ができればトータル220点に届くと思います。だからこそ,得意なはずのジャンプでミスしている場合ではないのです。ピークは全日本選手権に持っていくとして,グランプリシリーズで8割の力でもジャンプを決める技術とメンタルが求められます。3位に終わりファイナル進出はかなり難しく,しかも次の中国大会はシリーズで最も厳しい対戦カードですが,優勝すれば一転してファイナル進出が確実になるので,強い意気込みで臨んでほしいです。

 それにしても コストナー 選手の仕上がりの早さに驚きました。次の日本大会を見なければ本当の評価はできませんが,今季は4年ぶりのグランプリシリーズ出場ということで,グランプリシリーズも含め出場する大会全てで最高の演技をするつもりで臨んでいるのかもしれません。1年以上の出場停止処分を経験したことから,スケートができる喜びが演技に表れている気がします。FSは,ジャンプの難易度が低く,3回転+3回転の連続ジャンプもなく 3Lz(3回転ルッツジャンプ)も入れていないのに,140点出せるのは驚異的です。スコア度外視で…などと失礼なコメントをプレビューで書きましたが,ファイナルでも コストナー 選手の円熟味が最高潮に達した演技を観ることができそうです。

 メドベージェワ 選手(ロシア)は,FSでは衣装を黒に変え,ジャパンオープンのときより良い演技だったように思います。五輪の重圧が襲うのかどうか,周囲が固唾を飲んで見守っていますが,おそらくあっさり乗り越えてしまうでしょう。トータル250点にどこまで迫れるかがこれからの注目点になると思います。

 坂本花織 選手は,FS冒頭の得意な 3F(3回転フリップジャンプ)で転倒という珍しい姿に,シニアならではの空気に気圧されているんだと感じました。五輪シーズンというだけでもすごい雰囲気で,さらに日本女子2枠という圧が加わり息苦しいかもしれません。五輪出場をめざす渦に巻き込まれるのではなく,彼女らしい明るさを忘れず,無心でこの2ヶ月を戦い抜いてほしいです。

 私のロシア勢一推しの ラジオノワ 選手は,樋口 選手に押し出され表彰台を逃しました。うーむ,やはりプログラムが本人に合っていないと感じてしまいますね。昨季までなら多彩なジャンルへの挑戦という意味でそういうプログラムでもいいと思うのですが,今季はもっと現代的なポップナンバーで勝負してほしかったなぁと思います。ソチ五輪は年齢制限ギリギリアウトだったので,平昌五輪への想いは強いと思いますが,今のままではロシア代表入りも簡単ではないでしょう。

 大いに期待していた 長洲未来 選手(米)ですが,ベストの仕上がりには至りませんでした。回転不足が多くのジャンプで見られましたが,3A(トリプルアクセル)は着氷できているので,回転不足が解消すればノッてくると思います。両親の母国である日本大会に来てくれるので,そこでの巻き返しに期待したいです。

 シングルの全体的な結果としては,表彰台はほぼ実力どおりで,大きな波乱はなかったと言えるでしょう。ロシア大会をこんなにちゃんと観たのは私は初めてでしたが,羽生 選手の傍らに立つ謎の少年,エキシビションのシンクロスケーティングの見事さ,などスケート大国ならではの光景もあり,五輪シーズンが本当に始まったんだなぁと感じられる大会だったと思います。

タグ絞り込み検索
記事検索
プロフィール

まっく・けぃ(Mak....

  • ライブドアブログ