マイクを持てば酔っぱらい

~カラオケをこよなく愛するITシステムエンジニアのブログ~

長洲未来

ドラマがあった全米選手権

 12月下旬~1月上旬は,各国の国内選手権が開催される時期ですね。日本では年末に全日本選手権が開催されましたが,アメリカでは年始すぐに全米選手権が開催されました。男女シングル共に,有力選手が平昌五輪代表入りを逃すというドラマが生まれました。また,男子のメダル争いの中心にいる ネイサン・チェン 選手の仕上がりにも注目が集まりました。全米選手権の感想と,平昌五輪の展望を書いてみます。

◆男子シングル

 ネイサン・チェン 選手が315点という高得点で優勝しました。このスコアだけを見るとかなり脅威に感じますが,観戦した私は全く脅威を感じず,羽生結弦・宇野昌磨 両選手に届かないまま平昌五輪を迎えるという印象を受けました。FS(Free Skating,フリースケーティング)は,冒頭の 4F+3T(連続ジャンプ:4回転フリップ→トリプルトウループ)は素晴らしい出来でしたが,それ以外のジャンプは詰まり気味の着氷もけっこうありました。にもかかわらず GOE(Grade Of Execution,出来栄え点)が約20点も加点され,PCS(Program Component Score,演技構成点)も約95点を獲得しましたが,国際大会ではこの出来でこのスコアはまずあり得ません。国内選手権で国際大会より点数を多めに出す,というのはよくある話で,米国のジャッジが露骨にゲタを履かせた(今風に言えば「盛った」)と考えて差し支えない状況です。

 言い方を変えると,これだけゲタを履かせてもらっても315点しか出なかったということなのです。今回と同じ演技構成で平昌五輪に臨んだ場合,演技が完璧ならどうにかこのスコアが出ると思いますが,今回と同程度の出来なら310点前後と予想します。宇野 選手の最高スコアは319点,羽生 選手はさらにその上の330点であり,最高スコアを出した時点より現在の演技構成の方が基礎点が高いので,彼らが完璧に演技すれば チェン 選手が今回と同じ演技構成でベストな演技をしても彼らには及びません。

 今回の演技構成で五輪に臨み,羽生・宇野 両選手のミスを待つ戦略もないわけではありませんが,スコアの差が大きく負け戦も同然なので,チェン 陣営は,平昌五輪では今回より基礎点の高い演技構成で臨まざるを得ないと思います。今回は 4Lz(4回転ルッツジャンプ)を飛ばず,FSでは 4F,4S,4T(フリップ,サルコウ,トウループの各4回転ジャンプ)を計5本飛びましたが,平昌五輪では 4Lz を加えて4回転ジャンプ4種類を5本か6本飛ぶ構成になるでしょう。ジャンプの種類や本数のルールにより,4回転5本なら 3A(トリプルアクセルジャンプ)が2本,4回転6本なら 3A が1本になりますが,チェン 選手は 3A に不安がありますし,スコア戦略の点からも4回転6本構成を選択せざるを得ないと思います。しかし,6本は今まで一度も成功したことがなく,チェン 選手と言えどもギャンブルになります。

 今シーズンの チェン 選手は,試合のたびに4回転ジャンプの種類や本数を変えるという猫の目作戦をとっており,全米選手権でも手の内を見せなかったのならば,アルトゥニアン コーチらしい強かな作戦だとは思いますが,全米選手権で平昌五輪用の演技構成を披露して高得点を出す方が,ライバルへのプレッシャーを高められたはずなので,作戦ではなく単純にジャンプ構成を探っているのかなと私は思っています。とはいえ,基礎点が上積みできる余地を残しながら315点を出したことは,今シーズンの安定感と相まって,平昌五輪への期待を高めることはできたと思います。ぜひ平昌五輪では「これはすごい」と心から言えるような演技を観たいと願っています。

 代表争いでは,アダム・リッポン 選手はFSで精彩を欠いてヒヤッとしましたが,下馬評通りの代表入りとなりました。そして,もう一人の枠に割って入ったのは ヴィンセント・ジョウ 選手でした。4Lz を2本を含む4回転ジャンプ5本の演技構成で突き進んでいたので,シニアデビューとなる今シーズン当初から応援していましたが,全米選手権で表彰台に乗り,平昌五輪代表の座を掴みました。平昌五輪でメダル争いに加わるのは難しいですが,この五輪の経験は ジョウ 選手自身と米国にとって大きな財産になると思います。

 今回 ジョウ 選手は,FSで4回転ジャンプ3本が回転不足,同1本がダウングレードの判定を受けながらも,基礎点は チェン 選手を上回りました。回転不足やダウングレードがなければあと18点程度上乗せされる計算であり,基礎点だけで115点を超える超絶の演技構成です。4回転ジャンプに関しては チェン 選手が目立ちますが,ジョウ 選手にもぜひ注目してほしいと思います。

 代表入り有力と言われながら,目前で逃してしまったのが ジェイソン・ブラウン 選手でした。NHK杯で,羽生 選手の欠場によって優勝の最右翼と言われながら表彰台を逃したのを見て,プレッシャーに弱いのかなと感じていたのですが,肝心の全米選手権でそれが出てしまったようです。芸術性の高さとプログラム全体の高い完成度を,世界中に披露してほしかったのですが,それが叶わず残念でなりません。

◆女子シングル

 宮原知子 選手が優勝し,坂本花織 選手がブレイクした11月のスケートアメリカという大会で,もう一人ブレイクしたのが ブレイディ・テネル 選手でした。彼女の演技を観た私は,全米選手権で優勝するのではないかと予感しましたが,本当に優勝するとは驚きました。FSのプログラムは昨シーズン 三原舞依 選手が起用した「シンデレラ」ですが,テネル 選手はまるで,ディズニーランドのパレードで見るシンデレラがそのまま氷上に舞い降りてきたかのようで,長身の テネル 選手が醸し出す本物感は圧巻でした。正に,ザ・シンデレラ・ストーリーであり,平昌五輪でも入賞には十分手が届くと思いますし,絶好調なら 坂本 選手と共に5位を争う感じになると思います。

 24歳にして 3A にトライする姿に感銘を受け,シーズン当初から応援していた 長洲未来 選手が,会心の演技で8年ぶりに五輪代表になりました。長洲 選手は五輪シーズンの全米選手権にめっぽう強く,ソチ五輪のときは3位に入りながら代表入りを逃していました。その前のバンクーバー五輪では2位に入って五輪代表となり,五輪で4位入賞。今シーズンは4年前の悔しさを晴らすべく,グランプリシリーズからずっと 3A を入れ続け,NHK杯で194点を出したことで,アシュリー・ワグナー 選手の今シーズンのグランプリシリーズ最高点(183点)を上回ったことが功を奏したと思います。3A に目を奪われますが,今シーズンの 長洲 選手は 3A 以外のジャンプがとても安定していたのが好調の要因でしょう。平昌五輪では女子唯一の 3A ジャンパーとして,8年ぶりの五輪を楽しんでほしいと思います。

 カレン・チェン 選手は,今シーズン苦しんでいましたが,昨シーズンのプログラムに戻す決断が効きました。昨シーズンは全米優勝,世界選手権4位ですから,戻す価値があったということでしょう。ただし,全米選手権では昨シーズンのクオリティーには及びませんでした。平昌五輪までに昨シーズンの自信を取り戻す作業をしていくことになります。

 ソチ五輪からの4年間の米国フィギュアスケート界を支えてきた アシュリー・ワグナー 選手の代表不選出は,とても残念でした。ただ,今シーズンは精彩を欠き,ケガもありましたので,バイオリズムが下降線の時に五輪が来てしまったのでしょう。興味深かったのは,カレン・チェン 選手が過去のプログラムに戻す決断をした一方で,ワグナー 選手はFSに新たなプログラムで挑んだことです。新プログラム「ラ・ラ・ランド」は,元々今シーズン用に用意していたものの,しっくりこなくて一旦過去のプログラムに戻していましたが,やっぱり全米選手権には「ラ・ラ・ランド」で勝負したいと考え,そのような決断になったようです。

 「ラ・ラ・ランド」はプログラム自体は素敵なものでしたが,無難な印象で ワグナー 選手らしさがあまり感じられない,というのが観終わった瞬間の私の感想でした。私は「ラ・ラ・ランド」の映画を観ていないので,選曲が良かったのかどうかを判断できませんが,主題歌の有名なフレーズがいつ流れてくるか待っていた私は,それが流れてこなかったので今一つ盛り上がれなかったなぁと感じました。有名なフレーズを使えばいいというものではありませんが,「ラ・ラ・ランド」といえばこの曲…というものをうまく入れれば,観客の盛り上がり方がもっと違ったのではないかとは思いました。

 結果論としては,戻していた過去のプログラムである「ムーラン・ルージュ」の方が ワグナー 選手の良さが存分に引き出された作品だったと言えます。「ラ・ラ・ランド」をここで持ってきたということはかなり良いプログラムなのだろう,と採点するジャッジは期待感を持っていたと思いますが,良い内容だけどそこまでじゃないなと思えば,初見のプログラムに対して高いスコアは出しづらかったのだろうと推察します。PCS が低かったのは,そういったジャッジの心理が働いた面があったでしょう。ただ,そうは言っても PCS 68点(満点の85%)は低すぎるとは思いますけどね…。これが72点なら,ワグナー 選手が3位になり,五輪代表になった可能性が高かったでしょう。

 過去プログラムに戻した選手が代表になり,新プログラムに果敢に挑んだ選手が代表落ちするというのは,やや複雑な気分になってしまうところですが,これも勝負のあや。4年前の全米選手権では,4位だった ワグナー 選手がソチ五輪代表に入りましたが,そのとき3位ながら代表入りを逃した 長洲 選手が今回は代表入りを掴むというところにも,ドラマがありました。長年,米国のフィギュアスケートを引っ張ってきた2人だけに,2人とも平昌に行ってほしかったです。代表の枠が3枠あっても代表をめぐるドラマがある…これぞ五輪シーズンだな,と改めて感じさせてくれた全米選手権でした。

羽生結弦 順調,樋口新葉 詰め甘し 【ロシア大会感想】

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です


 羽生結弦 選手は,またしてもグランプリシリーズ初戦2位という結果でしたが,2位以内に入ればグランプリファイナル出場に支障はないので,全く問題ないでしょうね。4Lz(4回転ルッツジャンプ)の成功で盛り上がっていますが,個人的には 4T+1Lo+3S という4回転からの3連続ジャンプが入らなかったのが残念でした。次の日本大会(NHK杯)は間違いなくもっと良い仕上がりになるでしょう。2年前に歴代最高得点を記録した舞台ですし,日本の観客に良いものを見せたいという気持ちが強いと思いますので。

 ネイサン・チェン 選手(米)は,今回のFS(Free Skating,フリースケーティング)では5種類の4回転を入れてきませんでしたね。次の米国大会でお披露目となるのでしょう。それでも4回転4本をさらっと飛んでいてそれはそれですごいですが,チェン 選手の注目点は技術点ではなく PCS(Program Component Score,演技構成点)の方です。昨季は80~85点あたりでしたが,今大会では88点台を出し,羽生 選手との差を詰めてきています。実はこっちのスコアの差が詰まってくることで,勝負の局面で 羽生 選手がミスできる回数が少なくなり,プレッシャーを強めることができます。チェン 選手は今回の PCS に手ごたえを感じていると思います。

 ミハイル・コリヤダ 選手(ロシア)は,FSで3度の転倒にもかかわらず185点台で,PCS は90点が見えてきました。完璧な演技ができれば,6強に続くFSの200点を達成できそうです。プレスリーという王道のメドレーが上滑りしないのは,コリヤダ 選手の表現力の賜物でしょうね。

 驚きだったのは,モリス・クヴィテラシビリ 選手(ジョージア)。長身なのにジャンプがスマートで,スケーティングも滑らかで醸し出す雰囲気も良い。FSで4回転ジャンプを3本入れて250点に乗せ5位に入りましたが,実は 田中刑事 選手の欠場で代わりに出場した選手だったと聞いてビックリ。ワンチャンスをモノにしましたね。そして,エテリ・トゥトベリーゼ コーチと聞いて納得。ロシアの メドベージェワ,ザギトワ 両選手を指導している名コーチですね。今大会がきっかけになって,一気にブレイクしそうな予感満載です。クヴィテラシビリ…覚えづらいけど覚えておきましょう。

 樋口新葉 選手,3位ですか…。やっぱりミスがあると2位にはなれないですね。SP(Short Program,ショートプログラム)での回転不足と,FSのサルコウジャンプのミス(トリプルがダブルに)がなければ,カロリーナ・コストナー 選手(イタリア)と入れ替わっていたかもしれません。コストナー 選手がFSはそれほど仕上がっていないと予想していたのですが,ここまでの仕上がりとは驚きでした。相手に恵まれなかったという見方もできますが,やはりミスしているようではダメとスケートの神様に諭されている感じがします。

 昨季,樋口 選手は,ジャンプとの両立に苦しみながら PCS の引き上げに取り組んでいましたが,その成果が今大会FSの PCS 68 点(満点の85%)という形で現れました。プログラムも 樋口 選手に合っていて,特にFSの「007 スカイフォール」は 樋口 選手にとてもマッチしていると思いますので,完璧な演技ができればトータル220点に届くと思います。だからこそ,得意なはずのジャンプでミスしている場合ではないのです。ピークは全日本選手権に持っていくとして,グランプリシリーズで8割の力でもジャンプを決める技術とメンタルが求められます。3位に終わりファイナル進出はかなり難しく,しかも次の中国大会はシリーズで最も厳しい対戦カードですが,優勝すれば一転してファイナル進出が確実になるので,強い意気込みで臨んでほしいです。

 それにしても コストナー 選手の仕上がりの早さに驚きました。次の日本大会を見なければ本当の評価はできませんが,今季は4年ぶりのグランプリシリーズ出場ということで,グランプリシリーズも含め出場する大会全てで最高の演技をするつもりで臨んでいるのかもしれません。1年以上の出場停止処分を経験したことから,スケートができる喜びが演技に表れている気がします。FSは,ジャンプの難易度が低く,3回転+3回転の連続ジャンプもなく 3Lz(3回転ルッツジャンプ)も入れていないのに,140点出せるのは驚異的です。スコア度外視で…などと失礼なコメントをプレビューで書きましたが,ファイナルでも コストナー 選手の円熟味が最高潮に達した演技を観ることができそうです。

 メドベージェワ 選手(ロシア)は,FSでは衣装を黒に変え,ジャパンオープンのときより良い演技だったように思います。五輪の重圧が襲うのかどうか,周囲が固唾を飲んで見守っていますが,おそらくあっさり乗り越えてしまうでしょう。トータル250点にどこまで迫れるかがこれからの注目点になると思います。

 坂本花織 選手は,FS冒頭の得意な 3F(3回転フリップジャンプ)で転倒という珍しい姿に,シニアならではの空気に気圧されているんだと感じました。五輪シーズンというだけでもすごい雰囲気で,さらに日本女子2枠という圧が加わり息苦しいかもしれません。五輪出場をめざす渦に巻き込まれるのではなく,彼女らしい明るさを忘れず,無心でこの2ヶ月を戦い抜いてほしいです。

 私のロシア勢一推しの ラジオノワ 選手は,樋口 選手に押し出され表彰台を逃しました。うーむ,やはりプログラムが本人に合っていないと感じてしまいますね。昨季までなら多彩なジャンルへの挑戦という意味でそういうプログラムでもいいと思うのですが,今季はもっと現代的なポップナンバーで勝負してほしかったなぁと思います。ソチ五輪は年齢制限ギリギリアウトだったので,平昌五輪への想いは強いと思いますが,今のままではロシア代表入りも簡単ではないでしょう。

 大いに期待していた 長洲未来 選手(米)ですが,ベストの仕上がりには至りませんでした。回転不足が多くのジャンプで見られましたが,3A(トリプルアクセル)は着氷できているので,回転不足が解消すればノッてくると思います。両親の母国である日本大会に来てくれるので,そこでの巻き返しに期待したいです。

 シングルの全体的な結果としては,表彰台はほぼ実力どおりで,大きな波乱はなかったと言えるでしょう。ロシア大会をこんなにちゃんと観たのは私は初めてでしたが,羽生 選手の傍らに立つ謎の少年,エキシビションのシンクロスケーティングの見事さ,などスケート大国ならではの光景もあり,五輪シーズンが本当に始まったんだなぁと感じられる大会だったと思います。

ロシア大会(ロステレコム杯,グランプリシリーズ第1戦)プレビュー

spnvLogo 本記事は,私がスポナビブログ(2018年1月末閉鎖)に出稿した記事と同じ内容です


 例年のロシア大会は,シリーズ中盤のややホッとする時期の開催でしたが,今シーズンはシリーズ開幕戦となりました。五輪シーズンの初戦というだけでも注目度が高いですが,いきなり絶対王者&女王をはじめ素晴らしいメンバーが集結しました。

◆男子シングル

 初戦から 羽生結弦 選手と ネイサン・チェン 選手(米)の直接対決が実現するとあって,あおりたく気持ちはよくわかりますが,おそらくハイレベルな点数は出ないでしょう。2人ともシリーズ2戦目が自国の大会なので,そこでは自国の観客に良い演技を魅せようと気合いを入れてくるでしょうから,ロシア大会がそこに向けた調整の場になるのはやむを得ません。私は,羽生 選手に関しては,FS(Free Skating,フリースケーティング)で4回転ジャンプ5本が(転倒しても出来栄えが悪くても)入るかどうか,チェン 選手に関しては,FSで4回転ジャンプの GOE(Grade Of Execution,出来栄え点)が全てプラス評価にできるかどうかに注目したいと思います。

 チェン 選手は,シニア初年度の昨季,シーズン序盤からスタートダッシュをかけ,世界選手権で息切れしましたが,シーズン当初からアピールしなければならない立場だったので,これはやむを得ないこと。今季はその反省から,ロシア大会で全力を出すことはまずないでしょう。でも逆の見方をすれば,そのような状況で高得点を出せれば,本当に 羽生 選手を脅かす存在になってきます。スコアでの注目点は,チェン 選手の PCS(Program Component Score,演技構成点)。FSで87点以上,あるいは 羽生 選手と5点差以内になれば,いよいよ 羽生 選手の真の対抗馬と考えていいと思います。でも,前哨戦の滑りを見る限り,ここまでは到達しないと私は予想します。

 そんな2人の間に割って入ろうと狙っているのが コリヤダ 選手(ロシア)。自国の大会で気分が乗っているでしょうし,4Lz(4回転ルッツジャンプ)の出来栄えが素晴らしければ,2人の演技の出来次第では割って入る可能性があります。私は コリヤダ 選手のクールでいてコミカルな雰囲気が大好きなので,初戦で波乱を起こしてくれないかなと密かに期待しています。

 あと,若手では ヴァシリエフス 選手(ラトビア)に期待。コーチがかつての名選手 ランビエール 氏で,その滑りは正に ランビエール 流という雰囲気に満ちています。

 田中刑事 選手,ケガ欠場は残念…。次が2週間後の中国大会というのも運がないですね。焦らずに…と言われても,五輪シーズンのケガで焦らないなんて無理。事実上,全日本選手権一発勝負になりますので,それまでのメンタルコントロールが問われることになりそうです。

◆女子シングル

 自国大会に出場する絶対女王 メドベージェワ 選手(ロシア)。FSのプログラムを変更するというニュースが出ていますが,いったいどうなるでしょうか。おそらく,昨季か一昨季のプログラムを再演するのではないかと私は予想しています。個人的には一昨季のプログラムの方が好きで,それを現在の彼女がどう滑るのかを観てみたいところです。このFSの出来が,一番の注目点になるでしょうね。した影響がどう出るかと思われましたが,ジャパン・オープンを観る限り仕上がりは良さそうです。ただ,新プログラム「アンナ・カレーニナ」は,個人的には過去2シーズンと比べ物足りなさを感じています。グランプリシリーズに入りどこまで完成度を上げられるのかが見どころです。

《注記》 変更後が「アンナ・カレーニナ」だったとは知りませんでした。「アンナ・カレーニナ」から別のプログラムに変更すると勘違いしていました。ご指摘をいただき,修正いたしました。

 メドベージェワ 選手のFSプログラム変更というわずかな綻びを突いて,樋口新葉 選手はどこまで迫れるでしょうか。昨季の 樋口 選手は,四大陸選手権と世界選手権という重要な大会で良い成績を残せず,国別対抗戦でやっと理想的な演技を披露しました。国別対抗戦は日本開催で,全日本選手権でも表彰台に上がり続けていることから,樋口 選手は国内で強く海外で力を発揮できない,いわゆる内弁慶タイプかもしれません。今季,イタリアのロンバルディア杯では210点超えを見せてくれましたが,あくまでも前哨戦であり,グランプリシリーズの海外の大会で同等の点数を出せるかどうかが,今シーズンを占う重要なポイントになると私は見ています。でも,この大会に入れ込み過ぎてしまうと,全日本選手権や平昌五輪まで持ちませんので,8割の力でハイレベルのスコアを出すという難しいミッションになります。

 実は対戦カードが一番不運なのが 樋口 選手です。次に出場する中国大会は大激戦で,ベストな演技でも3位に終わる可能性があるので,グランプリファイナルに進むためには,ロシア大会で2位以内を獲ることが絶対条件と言えます。普通に演技すれば2位になりますが,少し失敗すればたちまち他の選手の割り込みを許してしまうことになるでしょう。2位を獲れば,振れ幅が大きかった昨季から進化し,安定感を得る大きなきっかけになると思います。

 今季からシニア参戦の 坂本花織 選手は,応援したくなる雰囲気をたたえる選手の1人。ジャンプをはじめ演技のトータルバランスが素晴らしいです。同門の 三原舞依 選手の昨季の急成長に大いに刺激を受け,今季は自分がその立場になりたいと思っているでしょうし,本田真凛,白岩優奈 らシニアデビュー組に負けなくない気持ちもあるでしょう。モチベーションがとても高いと思いますので,最高の演技をして表彰台に乗ってほしいですね。坂本 選手が表彰台に乗れば,日本女子シングルはさらにヒートアップしてくると思います。

 個人的にロシア勢の中で一推しの ラジオノワ 選手(ロシア)ですが,昨季は失速し,世界選手権のロシア代表にさえ入れませんでした。昨季のプログラムは,日本でもおなじみの モロゾフ 氏振付の王道路線でしたが,彼女の良さが引き出せていなかったと私は感じました。私は4年前,福岡のグランプリファイナルを生観戦したのですが,そのとき観た ラジオノワ 選手の躍動感が素晴らしくて,必ずこの選手は世界を制すると今でも思っています。五輪シーズンの今季,良きプログラムに巡り合えたのかをチェックしたいと思います。

 今季のダークホースになりそうなのが,長洲未来 選手(米)。今になって 3A(トリプルアクセルジャンプ)を組み込む挑戦も素晴らしいですが,今季の彼女は上半身の筋肉が素人目にもとても美しく感じられ,またスケーティングも今までより格段に良くなっているように見えます。なので,近年になく好調なのではないかと私は予想しています。3A が綺麗に決まれば,坂本 選手や ラジオノワ 選手を抑えて表彰台に乗る可能性がかなりあると思います。

 コストナー 選手(イタリア)は,もう出場してくれるだけで眼福。スコアは二の次で,とにかくスケーティングを堪能しましょう。あと,個人的に応援しているのが トゥルシンバエワ 選手(カザフスタン)。羽生 選手や フェルナンデス 選手(スペイン)と同じ オーサー コーチの門下生で,小さい身体ながら強い意志を感じる演技は,宮原知子 選手とはまた違うタイプの修道女系のスケーターなので,いつも姿勢を正して観ています。キス&クライでめったに笑顔を見せないので,良い演技をして笑顔を見せてほしいです。

タグ絞り込み検索
記事検索
プロフィール

まっく・けぃ(Mak....

  • ライブドアブログ